チアゴ・シウバ (格闘家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はハモス第二姓(父方の)はダ・シウヴァです。
チアゴ・シウバ
基本情報
本名 チアゴ・アンデルソン・ハモス・ダ・シウヴァ
(Thiago Anderson Ramos da Silva)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1982-11-12) 1982年11月12日(34歳)
出身地 サンパウロ州サンパウロ
所属 マカコ・ゴールド・チーム
シュートボクセ・アカデミー
アメリカン・トップチーム
ブラックジリアンズ
身長 185cm
体重 93kg
リーチ 191cm
階級 ライトヘビー級
バックボーン ブラジリアン柔術柔道
テンプレートを表示

チアゴ・シウバThiago Silva1982年11月12日 - )は、ブラジル男性総合格闘家サンパウロ州サンパウロ出身。ブラックジリアンズ所属。元ACBライトヘビー級王者。

来歴[編集]

13歳の時に父親の家庭内暴力から逃れるために家出しており、18歳で格闘技と向き合うまでサンパウロのスラムで生活していた。

2005年9月10日、ブラジルでプロデビュー。

2006年11月30日、Fury FCの93kg級グランプリで優勝を果たした。

2007年2月28日、パンクラスBodogFight派遣選手として初参戦。水野竜也とヘビー級王座次期挑戦者決定戦で対戦し、サッカーボールキックでKO勝ち。5月30日に王者アルボーシャス・タイガーへ挑戦予定であったが、UFCと契約したため欠場した[1]

UFC[編集]

2007年5月26日、UFC初参戦となったUFC 71ジェームス・アーヴィンと対戦し、テイクダウンをしようとしたところでアーヴィンが右膝を負傷し、TKO勝ちを収めた。

2007年11月17日、UFC 78ヒューストン・アレクサンダーと対戦し、マウントパンチでTKO勝ちを収めた。

2009年1月31日、UFC 94で同じく13戦無敗のリョート・マチダと対戦。パンチでダウンを奪われ、1R終了間際にパウンドを受けKO負け[2]。デビュー以来の連勝記録は13でストップした。

2009年8月29日、UFC 102キース・ジャーディンと対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた[3]

2010年1月2日、UFC 108ラシャド・エヴァンスと対戦し、0-3の判定負けを喫した[4]

2011年1月1日、1年ぶりの復帰戦となったUFC 125ブランドン・ヴェラと対戦し、3-0の判定勝ち[5]。しかし、試合後の薬物検査の結果をごまかすために自身の尿に異物を混入させた事から試合結果が無効となり、ネバダ州アスレチック・コミッションから1年間の試合出場停止処分を受けた。

2012年11月10日、UFC on Fuel TV 6スタニスラブ・ネドコフと対戦し、3R肩固めで一本勝ち。しかし、試合後の薬物検査で禁止薬物とされるマリファナの代謝物質が検出されたため、試合結果が無効となり、UFCから6か月の試合出場停止処分を受けた[6]

2014年2月6日、パブロ・ポポヴィッチ柔術道場に銃を所持して襲撃し、道場にいた人たちを脅迫した容疑で逮捕されたことで、一旦はUFCから永久追放されるが、その後訴訟がすべて取り下げられ無罪となったことでUFCに復帰した[7]。しかし、9月20日、シウバが元妻を銃で脅している動画が公開されると、再びUFCから追放された[8]

WSOF[編集]

2015年3月28日、1年6か月ぶりの復帰戦となったWSOF 19のライトヘビー級王座決定トーナメント1回戦でテディ・ホルダーと対戦し、パウンドでTKO負けを喫した。

人物・エピソード[編集]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
27 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
19 13 2 4 0 0 2
6 4 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× バトラズ・アガナエフ 2R 3:34 TKO(パンチ連打) ACB 65: Silva vs. Agnaev
【ACBライトヘビー級タイトルマッチ】
2017年7月22日
ジャレッド・トージソン 5分5R終了 判定3-0 ACB 51: Silva vs. Torgeson
【ACBライトヘビー級王座決定戦】
2017年1月13日
ソクジュ 3R 2:38 TKO(パンチ連打) Fight 2 Night 2016年11月4日
スタヴィー・イコノモー 5分3R終了 判定3-0 WFCA 17: Grand Prix Akhmat 2016年4月9日
× マーカス・スルサ 2R 2:00 TKO(パンチ連打) Gladiator MMA: Gladiator Challenge 2015年11月21日
× テディ・ホルダー 1R 2:00 TKO(パウンド) WSOF 19: Gaethje vs. Palomino
【ライトヘビー級王座決定トーナメント 1回戦】
2015年3月28日
マット・ハミル 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Maia vs. Shields 2013年10月9日
ハファエル・カバウカンチ 1R 4:29 KO(スタンドパンチ連打) UFC on Fuel TV 10: Nogueira vs. Werdum 2013年6月8日
スタニスラブ・ネドコフ ノーコンテスト(薬物検査失格) UFC on Fuel TV 6: Franklin vs. Le 2012年11月10日
× アレクサンダー・グスタフソン 5分3R終了 判定0-3 UFC on Fuel TV 2: Gustafsson vs. Silva 2012年4月14日
ブランドン・ヴェラ ノーコンテスト(薬物検査失格) UFC 125: Resolution 2011年1月1日
× ラシャド・エヴァンス 5分3R終了 判定0-3 UFC 108: Evans vs. Silva 2010年1月2日
キース・ジャーディン 1R 1:35 TKO(左フック→パウンド) UFC 102: Couture vs. Nogueira 2009年8月29日
× リョート・マチダ 1R 4:59 KO(パウンド) UFC 94: St-Pierre vs. Penn 2 2009年1月31日
アントニオ・メンデス 1R 2:24 ギブアップ(マウントパンチ) UFC 84: Ill Will 2008年5月24日
ヒューストン・アレクサンダー 1R 3:25 TKO(マウントパンチ) UFC 78: Validaton 2007年11月17日
トマシュ・ドルヴァル 2R 4:23 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 75: Champion vs. Champion 2007年9月8日
ジェームス・アーヴィン 1R 1:06 TKO(右膝の負傷) UFC 71: Liddell vs. Jackson 2007年5月26日
水野竜也 1R 4:29 KO(サッカーボールキック) PANCRASE 2007 RISING TOUR
【ヘビー級王座次期挑戦者決定戦】
2007年2月28日
ヴィトー・ヴィアナ 1R 1:50 TKO(腕の負傷) Fury FC 2: Final Combat
【93kg級グランプリ 決勝】
2006年11月30日
クラウディオ・ゴドイ 1R 2:06 TKO(パンチ連打) Fury FC 2: Final Combat
【93kg級グランプリ 準決勝】
2006年11月30日
ジノ・ペゾン 1R 4:34 TKO(パンチ連打) Showfight 5 2006年11月9日
デイブ・ダルグリッシュ 1R 1:05 ヒールホールド Fury FC 1: Warlords Unleashed
【93kg級グランプリ 1回戦】
2006年9月27日
クラウディオ・ゴドイ 5分3R終了 判定3-0 Showfight 4 2006年4月6日
ホドリゴ・グリップ・ジ・ソウザ 2R 1:14 TKO(ドクターストップ) 修斗ブラジル9 2005年12月3日
フラビオ・ポロネス 1R KO Arena Combat Cup 2 2005年11月5日
フーベンス・マキュラ 2R 4:17 TKO(打撃) Predador FC 1 2005年9月10日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • ブラジリアン柔術 黒帯
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注[編集]

関連項目[編集]