チアリーチャム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
チアリーチャム
CHEERY CHUMS
名称 チアリーチャム
英語名称 CHEERY CHUMS
モチーフ ウサギ
発売年 1979年[1]
デザイナー 半田久美子[2](初代)
深沢和美[3](現在)
キャラクター大賞順位 19位(第28回)[4]
愛称 チャム
関連キャラクター チャム
パム
ブー
ミュー
ムー[5]
誕生日 7月12日(チャム)[2]
備考 サンリオキャラクター大賞いちご新聞ランキング5位(2013年)
公式サイト チアリーチャムプロフィール
テンプレートを表示

チアリーチャムラテン文字表記:CHEERY CHUMS[1])は、サンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター群である。1979年開発[1]。2014年現在のデザイナーは深沢和美[3]。主人公であるチャムはウサギをモチーフに擬人化。クレヨンタッチの作画が特徴の和み系キャラクターである[2]

来歴[編集]

「チアリーチャム」という名称およびキャラクターデザインは1979年に開発されて商品展開がされていたが、その頃は単にうさぎちゃんやぶたくんなどと呼ばれていて5人のキャラクターの名前はまだなかった[2]。 8年後のいちご新聞1987年6月号(232号)の紙面上でキャラクター名の読者公募をしたところ637通の応募があり、その中から当時のチアリーチャム担当デザイナーである半田久美子の選考により名前が決定され、いちご新聞1987年10月号(236号)の紙面にキャラクター名と命名者である応募者の氏名が公表された[2]

設定[編集]

野原にある動物村の住人の仲良しの5人組で[2][6]パーティを開くのが好き[5]。いつも野原で遊んでいる。

チャム(CHUM)
うさぎの女のコで紅一点。さみしがり屋でおちゃめ。一人では何もできない。周りから愛されていて優しくされると嬉しくなる。草原をスキップすることや、クッキーやケーキを作ることが好き[2]。みんなを家に招いてパーティを開くことも好き。特技はお裁縫とお料理[7]。誕生日は7月12日。
パム(PAM)
ぞうの男のコ。無口だが周りから信頼され、やさしくて力持ちな5人のリーダー格。楽器の演奏が好きで、特にトランペットを演奏することが得意[2]。演目の十八番はぞうさん。またメカに関しても強く、手品やプラモデル作りやラジコンも得意[2]。誕生日は10月10日。生まれた場所については記憶になく、気が付いたときにはすでに草原にいた[7]
ムー(MŪ)
くまの男のコ。勉強家で行動力があり物知り。また、おしゃれな側面もある[1][6]。みんなの悩みを聞いてくれる良きアドバイサーで読書が好き[2]。カナリア語が得意で小鳥さんと歌を歌う。自宅は本屋さん[7]。誕生日は8月19日。フランスのアルプス山脈の麓に所在する小さな町で誕生した[7]
プー(PŪ)
ぶたの男のコ。ブーやプウとも称する[注釈 1]。口下手だがはにかみ屋なロマンチスト。チャムが好きでそのラブレターをいつも持っているが、「は、はずかし…」ととても恥ずかしがり屋で引っ込み思案な性格から告白できなくてラブレターを渡せずにいる[2]。空や壁にクレヨンやペンキを使って絵を描くことが好き[2]。特技は花束作り。自宅は花屋さん[5]。誕生日は2月23日[7]。草原にある小屋の中で誕生した。
ミュー(MIYU)
ねこの男のコ。下町っ子でいたずら好きで甘えん坊。プーとは仲がいい。遊びの天才でいつも外で遊んでいてメンコやけん玉、三輪車に乗ることが好き[2]。自宅は下町の駄菓子屋さん。誕生日は8月13日[7]。早朝の霧の立ち込める中誕生した。

他にもサンリオ公式ページや近年発売された書籍等には登場しないが、以下のキャラクターも存在した。

チユ(CHIYU)
ねずみの男のコ。チャムの家で生まれた。チャムのことが大好きでチユにとって一番の友だち[7]。チャムの気持ちが分かることから元気がないときは明るく笑わせることもできる。チャムの傍らで昼寝することも好き。

商品[編集]

ビニール製起き上がりこぼし人形やキャラクターがプリントされたペロペロキャンディタオルポーチやハンガーなどの雑貨が発売されていた[1][注釈 2]。最近でも商品展開が行なわれ[8]、大人向け商品のほか[9]、「ぴょこのるマスコット」[10]やミニミラーマスコットなどが発売されている[11]

サンリオキャラクター大賞の順位[編集]

いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」では第28回(2013年)の19位[4]が順位が明確に分かる範疇で歴代最高である。 2013年サンリオキャラクター大賞19位[4]。2013年サンリオキャラクター大賞の特別企画である「これやります宣言」で、「20位以内なら5にん集合して再デビューします!」と宣言していたが[12]、見事19位とトップ20にランクインされたため再デビューすることとなり[4]、いちご新聞2013年10月号の紙面上で再デビューに向けての意見やアイデアの募集が行なわれた。また、いちご新聞に届いた票のみを集計したその年のサンリオキャラクター大賞いちご新聞ランキングでは昨年より順位を10上げ、5位にランクインした[13]。 2017年のサンリオキャラクター大賞は総合順位は32位で、ランキング時のコメントは「緊張しちゃった♡」であった[14]。また、いちご新聞ランキングでは17位にランクインされた[15]。 2013年をピークに近年はサンリオキャラクター大賞本戦、いちご新聞ランキングとも順位が低下傾向にある。

また、いちご新聞オリジナル企画で2016年より「サブキャラコンテスト」が開催されている。 2016年の「サブキャラコンテスト」はチアリーチャムからはノミネートなし、2017年の「サブキャラコンテスト」でチアリーチャムからは「ミュー」がノミネートし、15位にランクインされた[16]。2018年の「サブキャラコンテスト」はチアリーチャムからは「プー」がノミネートし、17位にランクインされた[17]。 第4回(2019年)は第1回(2016年)〜第3回(2018年)までの上位20キャラクター同士の決戦コンテストで、チアリーチャムからは「プー」が36位、「ミュー」が37位にランクインされた[18]。 仕切り直しとなる第5回(2020年)はチアリーチャムからはノミネートなしであった[19]

  • 2020年サンリオキャラクター大賞40位(いちご新聞ランキング29位[20])。
  • 2019年サンリオキャラクター大賞36位(いちご新聞ランキング23位[21])。
  • 2018年サンリオキャラクター大賞30位(いちご新聞ランキング15位[22])。
  • 2017年サンリオキャラクター大賞32位(いちご新聞ランキング17位[23])。
  • 2016年サンリオキャラクター大賞36位(いちご新聞ランキング14位[24]) / なでる投票44位[25]
  • 2015年サンリオキャラクター大賞27位[26](いちご新聞ランキング13位[27])。
  • 2014年サンリオキャラクター大賞20位圏外[28][注釈 3](いちご新聞ランキング7位[31])。
  • 2013年サンリオキャラクター大賞19位(いちご新聞ランキング5位[32])。
  • 2012年サンリオキャラクター大賞25位[33]
  • 2011年サンリオキャラクター大賞23位[34]
  • 2010年サンリオキャラクター大賞20位[35]
  • 1986年〜2009年サンリオキャラクター大賞10位圏外[36]

その他[編集]

  • 開発から40年近く経過しているキャラクターであるが、『いちご新聞』で未だに表紙を大きく飾ったことはない[37]
  • サンリオ創業50周年の記念イベントとして東京お台場にて「GREEN TOKYO HELLO KITTY & FRIENDS」(グリーン・トウキョウ・ハローキティ・アンド・フレンズ)が2010年8月9日から8月22日にかけて開催された際に、大小のサンリオキャラクターのバルーンがお台場の海上に浮かべられ、その中に「チアリーチャム」も含まれた[38]
  • エクサムが発売するキッズ向けトレーディングカードアーケードゲームであるハローキティとまほうのエプロン 〜サンリオキャラクター大集合!〜の第4弾『〜みんな集まれ!お料理パーティー!〜』に登場するキャラクターのひとつとしてチアリーチャムが起用された[39]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『SANRIO MEMORIES』や『サンリオキャラクター大図鑑』『月刊モエ 438号』では「ブー」、『サンリオデイズ いちご新聞篇』では「プウ」と表記。
  2. ^ 無論これ以外にも多くの種類のグッズが発売されていた。当記事では出典に掲載されているグッズを挙げた。
  3. ^ この回は全100種のキャラクターをA〜Eグループの5グループに分けて1stステージ(予選)が行われ、各グループの上位4種、全20種のキャラクターからファイナルステージ(決戦)が行われ順位が決定されたため[29]、21位以下が存在しない。チアリーチャムはBグループ(1stステージ7位、1stステージ敗退)にノミネートしていた[30]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e SANRIO MEMORIES78-79頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 竹村真奈 (2013, pp. 80-81)
  3. ^ a b いちご新聞2014年9月号(560号)p. 26-27。
  4. ^ a b c d 総得票数176万票超え!ハローキティが2連覇達成!中間5位から1位を奪還「2013年サンリオキャラクター大賞」結果発表”. サンリオ (2013年7月20日). 2017年9月3日閲覧。
  5. ^ a b c 森彩子 (2010, pp. 44-45)
  6. ^ a b 「巻頭大特集 サンリオが大好き!/キキ&ララ・マイメロディ 40周年記念」『月刊モエ』通巻438号(2016年4月号)、白泉社、2016年3月3日、 23頁。
  7. ^ a b c d e f g サンリオキャラクター ミニ図鑑28-31頁。
  8. ^ チアリーチャムのグッズ一覧 - サンリオ、2017年8月30日閲覧。(アーカイブ
  9. ^ チアリーチャム 大人ルームウェアセット - サンリオ、2017年8月30日閲覧。
  10. ^ 2017年サンリオキャラクター大賞連動商品 いろんなとこにぴょこっとのっかる!「pyoconoru(ぴょこのる)」マスコット 初の雑貨シリーズとマスコットの追加キャラクター発売 (PDF)”. サンリオ (2017年). 2017年8月30日閲覧。
  11. ^ 「2017年サンリオキャラクター大賞」記念グッズに新シリーズが登場! Tシャツ形タオル&ミニラーマスコット発売 (PDF)”. サンリオ (2017年5月22日). 2017年8月30日閲覧。
  12. ^ 2013年 サンリオキャラクター大賞 中間発表”. サンリオ (2013年6月21日). 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月3日閲覧。
  13. ^ 『いちご新聞2013年10月号』(548号)15頁、2013年9月10日。
  14. ^ 『いちご新聞2017年9月号』(595号)p. 4-5、2017年8月10日。
  15. ^ 『いちご新聞2017年9月号』(595号)p. 8-9、2017年8月10日。
  16. ^ 『いちご新聞』2017年9月号(595号) 34-35頁。
  17. ^ 『いちご新聞』2018年10月号(608号) 19頁。
  18. ^ 『いちご新聞』2019年9月号(619号) 6-7頁。
  19. ^ 『いちご新聞』2020年9月号(631号) 24-25頁。
  20. ^ 『いちご新聞』2020年8月号(630号) 8-25頁。
  21. ^ 『いちご新聞』2019年8月号(618号) 8-19頁。
  22. ^ 『いちご新聞』2018年9月号(607号) 8-19頁。
  23. ^ 『いちご新聞』2017年9月号(595号) 8-19頁。
  24. ^ 『いちご新聞』2016年9月号(583号) 10頁。
  25. ^ 31st サンリオキャラクター大賞 なで時間ランキング”. 株式会社サンリオ (2016年). 2020年10月29日閲覧。
  26. ^ 『いちご新聞』2015年9月号(571号) 4-5頁。
  27. ^ 『いちご新聞』2015年9月号(571号) 24頁。
  28. ^ かわいい戦いが、いま、はじまる。 29th サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2014年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月29日閲覧。
  29. ^ 大賞は、マイメロディ! ハローキティ3連覇ならず! 「2014年サンリオキャラクター大賞」結果発表”. サンリオ (2014年8月2日). 2020年10月29日閲覧。
  30. ^ 1stステージ結果発表!”. サンリオ. 2014年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月29日閲覧。
  31. ^ 『いちご新聞』2014年10月号(560号) 26-34頁。
  32. ^ 『いちご新聞』2013年10月号(548号)
  33. ^ 2012サンリオキャラクター大賞結果発表 サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2012年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月29日閲覧。
  34. ^ サンリオキャラクターからみんなへ「ありがとう」 第26回 輝け!! 2011年SANRIO キャラクター大賞 結果大発表”. サンリオ. 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月29日閲覧。
  35. ^ 輝け!! 2010年サンリオキャラクター大賞 結果発表”. サンリオ. 2010年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年10月29日閲覧。
  36. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 140-144)
  37. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 108-113)
  38. ^ サンリオ創業50周年記念「GREEN TOKYO HELLO KITTY & FRIENDS」に特別協賛 東京お台場海上に高さ8 mのハローキティの巨大バルーンをはじめ、サンリオキャラクターのバルーンが大集合 そのほか記念イベントを同時開催 (PDF)”. サンリオ (2010年6月14日). 2017年8月30日閲覧。
  39. ^ ハローキティと魔法のエプロン - みんな集まれ!お料理パーティー - 遊び方とカード紹介 (PDF)”. エクサム (2011年). 2011年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 竹村真奈『サンリオデイズ いちご新聞篇 ー「いちご新聞」から生まれたキャラクターのヒミツがいっぱい ー』ビー・エヌ・エヌ新社、2013年10月19日。ISBN 978-4861009020。
  • 『SANRIO MEMORIES』サンリオ、2010年9月15日。ISBN 978-4-387-10066-9。
  • 森彩子『サンリオキャラクター大図鑑』ポプラ社、2010年11月。ISBN 978-4-591-12108-5。
  • 『サンリオキャラクター ミニ図鑑』サンリオ、1992年8月31日、28-31頁。ISBN 4-387-92157-9。

関連項目[編集]