チェイス・マクファーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チェイス・マクファーランド
Chas McFarland
Chas McFarland.jpg
引退
ポジション(現役時) センター
背番号(現役時) 13
身長(現役時) 213cm (7 ft 0 in)
体重(現役時) 111kg (245 lb)
基本情報
本名 Chas William McFarland[1]
ラテン文字 Chas McFarland
誕生日 (1986-11-01) 1986年11月1日(32歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ベイシティ (テキサス州)
ドラフト  
選手経歴
2010-2011
2011-2012
2012
2012
2013
2013-2014
2014-2015
アメリカ合衆国の旗スプリングフィールド・アーマー
日本の旗横浜ビー・コルセアーズ
ウルグアイの旗ボヘミオス
アメリカ合衆国の旗スプリングフィールド・アーマー
アメリカ合衆国の旗テキサス・レジェンズ
日本の旗秋田ノーザンハピネッツ
ウルグアイの旗オリンピア・モンテビデオ

チェイス・マクファーランドChas William McFarland[1]1986年11月1日 - )は、アメリカ合衆国出身のバスケットボール選手である。ポジションはセンター。身長213cmの、いわゆるセブンフッターである。

アメリカ、ベイシティ (テキサス州)出身[1]NCAAウェイクフォレスト大学では在学中にリバウンド594、ブロックショット114回を記録した。500リバウンド・100ブロックショットを記録した選手は同大学史上9人目であり、ブロックショット数は大学歴代8位の記録である[1]

卒業後、NBAサマーリーグヒューストン・ロケッツの一員として2試合に出場したがNBAのドラフトでは指名されず、NBADLスプリングフィールド・アーマーに入団、26試合に出場し1試合平均10.5得点、リバウンド5.77を記録した[2]

翌2011年には、同年bjリーグに加入した横浜ビー・コルセアーズと契約した。横浜ではジャスティン・バーレルと共にリバウンダーの役割を担い[3]、攻撃面でも1試合平均9.9得点を記録した[4]。2011年12月11日のライジング福岡戦で記録した20リバウンドと、2012年4月8日の秋田ノーザンハピネッツ戦などで記録した4ブロックショットは、チーム史上最高記録となっている[5]。 この2011-12シーズン、横浜は加入初年度でファイナルズに進出し、3位に入賞した。

シーズン終了後はウルグアイボヘミオススペイン語版で7試合に出場した後[6]、再びNBADLスプリングフィールド・アーマーに戻り、翌2013年にはテキサス・レジェンズに移籍、両チームで合わせて19試合に出場した[6]

2013年7月、秋田ノーザンハピネッツとの契約に合意[7]。同年10月27日の信州ブレイブウォリアーズ戦では25得点を挙げ、このゲームのMVPを受賞した[8]。2014年1月18日の仙台89ERS戦では22得点、18リバウンドを挙げ、延長戦では試合の流れを決定付けるリチャード・ロビーへのアリウープ・パスを決めた[9]

しかし、2014年3月8日の新潟アルビレックスBB戦で、新潟のロドニー・ウェブに顔を殴られた上、倒れた所でさらに後頭部を蹴られ、鼻と顎を骨折した[10]。ウェブは、この直前にマクファーランドの肘が何度か顔に当たり激高したと主張した[11]。このケガによってマクファーランドは戦線離脱を余儀なくされ、3月29日の仙台89ERS戦で復帰するまでの間5試合を欠場した[12]。復帰戦はフェイスガードを着用して6分間出場[12]、以後フェイスガードをつけたままで出場を続け、チームは準優勝した。

2013-14シーズン終了後、秋田との契約は更新されず、マクファーランドは2014年9月にウルグアイのオリンピア・モンテビデオと契約した[13]

大学での成績[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2006-07 ウェイクフォレスト 15 0 5.4 .286 1.000 .333 1.6 0.5 0.1 0.1 0.7
2007-08 ウェイクフォレスト 30 27 21.5 .490 .182 .659 5.8 0.4 0.5 1.6 8.4
2008-09 ウェイクフォレスト 31 29 20.4 .522 .000 .722 5.8 0.5 0.6 0.9 8.7
2009-10 ウェイクフォレスト 31 25 24.6 .446 .000 .600 7.0 0.8 0.5 1.2 7.2
通算 107 81 19.8 .482 .158 .653 5.6 0.6 0.4 1.1 7.1

職業成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2011-12 横浜 49 39 23.2 .491 .000 .692 8.7 1.1 0.8 1.3 9.9
2013-14 秋田 47 23.7 .532 .000 .675 8.0 2.5 0.8 1.3 11.9


冠メニュー[編集]

中通りサティスファクションというお店で、「チェイス・バーガー」というメニューが2018年現在もある[14]

参考資料[編集]

  1. ^ a b c d Chas McFarland Bio”. ウェイクフォレスト大学. 2013年11月8日閲覧。
  2. ^ Chas McFarland Player profile”. RealGM. 2013年11月9日閲覧。
  3. ^ bjリーグファイナルズ・プレビュー”. フジテレビ ENJOY!SPORT. 2013年11月10日閲覧。
  4. ^ “秋田NH 新戦力2013-14シーズン”. 秋田魁新報. (2013年10月2日). http://www.sakigake.jp/p/sports/happinets/feature/new_members2013-14/article_05.jsp 2013年11月10日閲覧。 
  5. ^ 『bjリーグ オフィシャルガイドブック 2013-2014』 bjリーグ、2013年10月4日。 記録は2013年9月30日現在のもの。
  6. ^ a b Asiabasket.com”. 2013年11月9日閲覧。
  7. ^ “外国人選手契約基本合意のお知らせ3” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2013年7月25日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/akitapro/article/2016 2013年11月9日閲覧。 
  8. ^ 【結果速報!】10/27ホーム第3節vs.長野戦”. 秋田ノーザンハピネッツ (2013年10月27日). 2013年11月10日閲覧。
  9. ^ 喜田良直 (2014年1月19日). “NH仙台かわす 猛追受け延長戦突入”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社) 
  10. ^ “NH106得点 新潟下す”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社). (2014年3月9日) 
  11. ^ “NH 新潟突き放す 連日の100点ゲーム”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社). (2014年3月10日) 
  12. ^ a b “NH逆転 仙台撃破”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社). (2014年3月30日) 
  13. ^ Olimpia signs Chas McFarland, ex Akita NH”. AsiaBasket.com (2014年9月15日). 2014年9月15日閲覧。
  14. ^ rams78 (2016年9月25日). “チェイスバーガー”. 2018年8月8日閲覧。