チェスネキー・ジュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にジュラ・チェスネキーと表記することもあります。
ユリウス1世
Julius I
マケドニア大公
Cseszneky comital big.jpg
在位 1943年
別号 ピンドス公国摂政

出生 1914年
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
死去 1970年
ブラジルの旗 ブラジル
王家 チェスネキー家
テンプレートを表示

チェスネキー・ジュラ(Cseszneky Gyula, 1914年 - 1970年)は、第二次世界大戦中のイタリア王国傀儡政権ピンドス公国・マケドニア公国の名目的な君主。ハンガリー王国の名門貴族チェスネキー家(en)の当主であり、チェスネキー(en伯爵、Milvány男爵、初代バコニ伯(hu:Bakonyi vadgróf)。多彩な人物で詩人かつ翻訳家冒険家でもあった。

生涯[編集]

元々はカトリック司祭を目指していたが、軍人を志すようになった。イタリアの士官学校に通い、ピオンビーノ公バルダッサーレ・ボンコンパーニ (en:Baldassarre Boncompagni) の援助を受けた。この間にイタリア文学に耽溺し、ガブリエーレ・ダンヌンツィオの詩をハンガリー語に翻訳するなどしている。

1940年のウィーン裁定後には、予備役の参謀将校としてトランシルヴァニアに進駐し、摂政ホルティ・ミクローシュよりヴィテーズ(Vitéz、勇者)・Milványiの称号を贈られた。1941年にはクロアチア独立国トミスラヴ2世よりバコニ伯の称号を受けた。1943年にイタリアが建設したピンドス公国の摂政となり、その後成立したマケドニア公国では大公ユリウス1世として国家元首に就任したが、どちらの場合も実権を保持していなかった。さらに1943年9月にはイタリアが連合国に降伏したため、ナチス・ドイツの手によってバルカン半島は占領された。チェスネキーは強制退位させられ、ハンガリーに帰国した。兄チェスネキー・ミハーイ (en:Mihály Cseszneky de Milvány) がミカエール1世として即位するよう求められたが拒否し、公国自体が消滅した。

チェスネキーは反ナチス主義者であり、ユダヤ人の親族もいたためゲシュタポに追われることになった。その一方、ブダペストではナチスの迫害からユダヤ人の救出をしたため、戦後にはイスラエルより「諸国民の中の正義の人」の称号を送られた。

戦後、チェスネキーはハンガリー共産政権から逃れるため、同様に傀儡君主であったトミスラヴ2世とともにアルゼンチンに亡命した。チェスネキーはブラジルで生存していたと見られており、1970年に死亡した。