チェリー☆パイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チェリー☆パイ
左から、かっすん、みほ(2009年)
メンバー みほ
かっすん
結成年 2007年
解散年 2009年
事務所 ホリプロ
活動時期 2007年4月9日 - 2009年12月25日
出会い みほのマネージャーの紹介
テンプレートを表示

チェリー☆パイとはホリプロに所属していた女性お笑いコンビ。2009年解散。コンビ名の名付け親はピン芸人のORIEである[1]

メンバー[編集]

  • かっすん (1986-04-04) 1986年4月4日(32歳) - )
    • 大阪府出身。
    • ボケ担当。
    • 本名は五百旗頭 香澄(いおきべ かすみ)。以前は本名を「花原 かすみ」としていた。
    • T163、B81(Bカップ)、W62、H88。
    • 趣味:牛丼屋のタレを必要以上に持ち帰ること[2]
    • 特技:ダンス[2]
  • みほ (1981-03-20) 1981年3月20日(37歳) - )
    • 宮城県出身。
    • ツッコミ担当。
    • 本名は大湯美穂。
    • T163、B82(Aカップ)、W61、H85。
    • 趣味:バイトのシフトをうまく組むこと[2]
    • 特技:トランペット[2]、手話[2]、目力を込めること、自販機の下の小銭を素早く拾うこと、おっぱいを寄せて大きく見せること
    • 水着を殆ど洗っていないことをかっすんに暴露されたことがある。

略歴[編集]

  • 2007年4月8日、この日行われたホリプロライブの手伝いに来ていたかっすんと、既にピン芸人として活動していたみほが出会い、マネージャーに「一回組んでライブに出てみなよ」と言われ結成、ある先輩のコンビが急遽出られなくなり出演枠が一枠空いた穴埋めのような形で、翌4月9日にコンビでライブ初出演[3]。それまで仕事があまり無かったのが、結成以後は仕事の量が増え、オーディションに呼ばれる回数も増えたという。
  • お笑いコンビを組む前は、かっすんはレースクイーンとして、みほはアイドルとして活動していた。なお、かっすんは大阪で活動していた頃に3回、お笑いコンビの解散を経験している[4]
  • 草野☆キッド』(テレビ朝日)にゲスト出演した際、エロカワ芸人と紹介される[5]
  • 2007年10月19日にチェリー☆パイとして、ホリプロお笑いジェンヌライブに初出演[6]
  • 2009年12月23日、コンビ解散を公式ブログで発表。解散後、かっすんは一身上の都合により芸能界を引退し、みほは1人で芸能活動を続けていた[7]が、2010年3月から2015年3月まで『アップルパイン』のメンバーとして活動。その後は一人でタレントとして「ぬか漬けタレント」「ぬか漬けマイスター」としての活動を主に続けている。
    • かっすんは最初「家庭の事情」「一身上の都合」を解散の理由としていたが、その後「最初から2年間と決めて勝負して引退すると決めていた。もういらないと言われる前に自分から辞めたいと思っていたので、全力で毎日を生き抜いていた」と言うことを明かしている[8]

芸風[編集]

  • 自分達を「水着芸人」と称し、ネタの時はかっすんは赤、みほは黒のビキニ姿になりショートコントを行う[9]。水着姿でネタを行うアイディアはかっすんが提案したもので、みほは当初「お笑いをなめてるのか」と思い、この提案を拒否したが、最終的にはみほが承諾して水着芸人コンビが実現した[10]
  • かっすんが振りネタ→みほがボケネタ、という流れが多く、みほが客席の方をにらみ付けるように、目に力を入れることが多い。他、コントネタには「パイパイポリス」などがあった。
  • 「いっぱい、おっぱい、チェリー☆パイ」や、「○○○(ライブ名や場所名)に乱入~! ○○○に突入~!」などの決め台詞があった。

出演[編集]

  • コンビでの出演を記載。単独での出演はそれぞれの項目の単独での出演を参照。

テレビ[編集]

2008年4月27日、5月4日、11日、18日、25日は『2008マッスルクイーン決定戦』で出演
2008年6月8日、6月15日、6月22日は『東京23区早回りレース』の企画に出演

ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット[編集]

 DVD [編集]

  • PURE☆SMILE チェリー☆パイ パイパイパイパイチェリー☆パイ(ポニーキャニオン) - 2008年5月1日発売

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2007年12月、夜のスキー場で各々が自らの乳房を2008回撫でるという荒業を為し遂げたため、レギュラー出演が決定した。かっすんが「水着で雪山へ行きたい」と冗談で提案したところ、これが実現したという[8]

出典[編集]

  1. ^ ドカント. “LADY'S SEAT INTERVIEW チェリー☆パイ”. 2008年5月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e チェリー☆パイ時代の公式プロフィール(アーカイブ)より。
  3. ^ 爆笑いとエロの核融合!「オッパイで世界を平和にしたい」 - チェリー☆パイ(ネタ動画付き)”. マイナビニュース (2008年5月21日). 2018年8月7日閲覧。
  4. ^ 2008年3月17日付『サンケイスポーツ』芸能面『次は任せなさい お笑いニューヒーロー』より
  5. ^ 【チェリー☆パイイ】★かっすん☆OFFICIAL★BLOG☆SITE♪ 自己紹介 より。
  6. ^ お詫びの言葉だ。”. 果ジュウゥッ!100パイセント 食べごろチェリー☆パイ (2007年10月18日). 2007年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月22日閲覧。(アーカイブ)
  7. ^ チェリー☆パイ公式ブログ『皆様へご報告があります。』. 2009年12月23日 閲覧。
  8. ^ a b FLASH(光文社)2018年8月21日・8月28日合併号「15人と感動の再会! 憧れの巨乳セクシー美女 今だから話せる内緒話」(p.105)
  9. ^ お笑いTV LIFE Vol.3(Gakken 2009年3月)p.76
  10. ^ 光文社FLASH』2007年11月27日号より