チェリー (たばこ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

チェリーCHERRY)は、日本たばこ産業(JT)から製造・販売されていた日本のたばこの銘柄の一つ。

なお、明治期に実質的な別商品が同名称で販売されていたこともあるため、当項では双方を併記する。

概要[編集]

初代(官製煙草)[編集]

1904年6月29日、いわゆる「官製煙草」として大蔵省専売局が最初に発売した銘柄[1]のひとつ。バージニア葉を使用した甘みと細巻きが特徴の両切たばこで、10本入りの通常パッケージの他、10本入り(太巻き)や50本入りの丸缶(細巻き・太巻き)も一時期存在した。戦時中は敵性語にあたるとして「」に改称されている。

発売翌年の1905年に、斜め格子模様のピンク色の下地にの線画があしらわれたパッケージデザインに変更された。以降、細部の変更や櫻への改称はあったものの、基本的なデザインが変更されることはなかった。また、桜の線画は2代目に継承されている。

著名な愛飲者に池波正太郎横光利一山本五十六などがおり、池波は「チェリーのうまさは、ピースどころじゃない」と語ったという[2]。 フィクションの人物としては、『風立ちぬ』の主人公である堀越二郎が吸っているタバコという設定である。

2代目[編集]

1970年日本専売公社(現・日本たばこ産業)から発売された。日本初のアメリカンブレンドのたばこで、パッケージはえんじ色の下地に初代から継承された桜の線画があしらわれた落ち着いたデザインになっていた。なお、初代とは異なり、吸い口はフィルター付きとなった。

著名な愛飲者に青木幹雄橋本龍太郎細野晴臣市川崑宮崎駿[3]柄谷行人[4]森敦[5]のなどがいる。架空の人物では『間違った子を魔法少女にしてしまった』の真風羽華代や『ドラえもん』ののび太のパパや『太陽にほえろ!』のジーパン刑事(松田優作)、吉田音 (イラストレーター)が描いたビッ子さんなど。ごく短い期間ではあるが、日本で一番売れていたたばことなったこともあった。

東日本大震災による工場の被災により生産の中断に追い込まれたが、2011年5月12日には販売量が少ないことを理由に、そのまま販売を再開せず廃止することが発表された[6][7]

製品一覧[編集]

販売終了製品[編集]

製品名 価格 本数 発売年月日 廃止年月 タール ニコチン 販売地域 備考
チェリー 410円 20本 1970年3月15日 2011年5月12日 15mg 1.1mg 全国 東日本大震災の影響で廃止

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 口付の敷島・大和・朝日・山櫻および両切のスター・チェリー・リリーの7銘柄。同年9月2日にはカメリヤ(口付)も発売されている。
  2. ^ 祥伝社新書編集部編『グレート・スモーカー』祥伝社より。
  3. ^ 一時期マイルドセブンを吸っていたが、再びチェリーを吸うようになった。
  4. ^ 現在も愛飲しているかは不明。
  5. ^ 著書である『マンダラ紀行』の表紙はチェリーの箱をさかさまにした配色である。http://www.mori-atsushi.jp/part010.html
  6. ^ 国内たばこ事業における製品供給の状況について
  7. ^ 廃止銘柄一覧 (PDF)