チェンソーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チェンソーマン
ジャンル 少年漫画
ダーク・ファンタジー
漫画
作者 藤本タツキ
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 2019年1号 - 連載中
巻数 既刊2巻(2019年5月2日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

チェンソーマン』(: Chainsaw man)は、藤本タツキによる日本漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2019年1号より連載中[1]

あらすじ[編集]

「悪魔」と呼ばれる存在が日常に蔓延る世界。少年デンジとチェンソーの悪魔ポチタは悪魔を駆除するデビルハンターを主な仕事としながらなんとか生計を立てていた。ある日、デンジに仕事を斡旋していたヤクザが力を求めて悪魔と契約をしたことでゾンビと化してしまう。悪魔に操られたヤクザはデンジらをおびき寄せると集団で襲い掛かる。不意を衝かれたデンジらは為す術なく殺害されるが、デンジの遺体からしたたる血液を偶然体内に取り込んだポチタは蘇生し、デンジの身体を修復するため合体する。ポチタはデンジの心臓となり、復活したデンジはチェンソーの悪魔へと変身する力を手に入れ、ゾンビの集団を一掃する。撃退に成功したデンジであったが、現場に駆け付けた公安のデビルハンターであるマキマに導かれ、その身を公安によって管理されることになる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

デンジ
本作の主人公。死別した父の借金を背負い、自身の臓器を売るほど貧乏な生活を送っていた。瀕死のポチタと出会い血を与え契約して以来、主にデビルハンターとして活動して生計を立てる。悪魔との戦いで一度は殺害されるが、ポチタが心臓となり身体を再生したことでチェンソーの悪魔へと変身する能力を持つ人間となる。その後、マキマに拾われて公安のデビルハンターとなった。
子供の頃から苦労してきたためか妙に肝が据わっており、凶悪な悪魔を前にしても物怖じしないなど、大胆な性格の持ち主。また自身の欲望に正直で、女性の胸を揉むためやキスするためにやる気を出すなど不純な面がある。
ポチタ
に似た姿をしたチェンソーの悪魔。瀕死で倒れていたところにデンジと出会い、血を与えられ契約し協力するようになる。デンジが殺害された際には再び契約として自らが心臓となりデンジと一体化する。

公安退魔特異4課[編集]

マキマ
デンジの上司の女性。デンジに興味を抱き公安にスカウトした。基本的には優しく寛容だが、したたかでシビアな一面も持つ。妖艶でミステリアスな印象の美人で、デンジの憧れの存在。内閣官房長官直属のデビルハンター。
早川 アキ(はやかわ アキ)
デンジの先輩の男性。無愛想な性格。マキマに好意を抱いている。銃の悪魔に両親と弟を殺されており、復讐のためデビルハンターになった。自身の皮膚を食わせて狐の悪魔と契約しており、手印を組み悪魔を呼び出す。呪いの悪魔の力が宿った釘状の刀を所持し、これで三度刺すと対象を殺すことが可能だが代償として寿命が縮む。
自分勝手で無礼なデンジには厳しく接しているが、戦力として期待している。
パワー
デンジの同僚で血の魔人。容姿は女性で頭にツノが生えている。陽気で自由気ままな性格で緊張感がない。ニャーコと名付けた猫を飼っている。
血を操る能力を持ち、血を固めて凶器を作ったり、出血を固めて止血することもできる。
魔人とは人間の死体を乗っ取った悪魔のことであり、パワーも元々は血の悪魔だったと言及されているが、魔人になった詳しい経緯は不明。
姫野(ひめの)
デンジの先輩で、早川のバディの女性。明るくノリのいい性格。デビルハンターとしての経歴は長く、彼女のバディは過去5人いていずれも死亡している。自身の右目を食わせて幽霊の悪魔と契約しており、不可視の腕を自由自在に操ることができる。
早川に好意を持っており、彼のことは「アキくん」と呼ぶ。
荒井 ヒロカズ(あらい ヒロカズ)
デンジの同僚で新人の男性。姫野曰く「実力不足だけどやる気は十分」。狐の悪魔と契約している。
東山 コベニ(ひがしやま コベニ)
デンジの同僚で新人の女性。姫野曰く「引っ込み思案だけどかなり動ける」。優秀な兄がいて、兄を大学に行かせるためにデビルハンターになったとのこと。
悪魔に対しては怖がりな面が目立つが、人並み外れた身体能力を持ち対人での戦闘力は非常に高い。

公安退魔特異1課[編集]

師匠
姫野、早川の師匠で、初老の男性。本名は不明。口の左に裂けたような傷跡があり、いつも酒を飲んでいる。
「悪魔が恐れるデビルハンターは頭のネジがぶっとんでるヤツ」が持論。 自称「最強のデビルハンター」で、デンジとパワー二人同時に相手にしても実力で圧倒できるほど。

その他[編集]

佐渡(さわたり)
ショートカットの少女。自身の爪を代償にヘビの悪魔を使役する。
黒コートの男
デンジを雇っていたヤクザの孫。頭部と両腕に刀を生やした悪魔に変身する。

悪魔[編集]

人間が恐怖や嫌悪するほど強力になるとされている存在。悪魔の共通点として人間の血を補給することで力を維持している。また、生きている人間へ憑依し操る、人間の死体を乗っ取り「魔人」となる能力を持ち、人語を介して人間と意思疎通を行う悪魔もいる。

  • チェンソーの悪魔
  • トマトの悪魔
  • ゾンビの悪魔
  • 筋肉の悪魔
  • ナマコの悪魔
  • コウモリの悪魔
  • ヒルの悪魔
  • 狐の悪魔
  • 幽霊の悪魔
  • 永遠の悪魔
  • 呪いの悪魔
  • 銃の悪魔

書誌情報[編集]

  • 藤本タツキ 『チェンソーマン』 集英社ジャンプ・コミックス〉、既刊2巻(2019年5月2日現在)
    1. 「犬とチェンソー」2019年3月9日発行(3月4日発売[集 1])、ISBN 978-4-08-881780-4
    2. 「チェンソーVSコウモリ」2019年5月7日発行(5月2日発売[集 2])、ISBN 978-4-08-881831-3

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

以下の出典は集英社の本内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

週刊少年ジャンプ内公式サイト