アズダルコ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アズダルコ科
生息年代: 108–66 Ma
Quetzalcoatlus 1.JPG
ケツァルコアトルス
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
約1億800万–約6600万年前
中生代白亜紀後期
マーストリヒト階
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
階級なし : 主竜類 Archosauria
階級なし : 鳥頸類 Ornithodira
: 翼竜目 Pterosauria
亜目 : 翼指竜亜目 Pterodactyloidea
上科 : アズダルコ上科 Azhdarchoidea
: アズダルコ科 Azhdarchidae
学名
Azhdarchidae Nesov, 1984
和名
アズダルコ科

アズダルコ科 Azhdarchidae (ペルシャ語ドラゴンのようなモンスターを指す″اژدر"(Azhdar)に因む) は白亜紀後期に生息していた翼竜類分類群の一つ。白亜紀前期の地層からも明らかにアズダルコ科のものである脊椎が報告されている[1]。アズダルコ科は全時代を通じて最大の飛行する動物の幾つかを含むが、ネコ程度の大きさのものも知られている[2]。もともとはプテラノドン科の下位にある亜科として設けられたもので、1894年にNesovがアズダルコ、ケツァルコアトルス、そしてティタノプテリクス(現在のアランボウルギアニア)のみで構成されていた。彼らは翼竜類最後の生き残りで、世界中に分布し、たいへん成功したグループである。白亜紀末の大量絶滅の際、本科を除く翼竜類は絶滅したと考えられた。ほとんどの翼竜はアズダルコ科が滅ぶ前に既に滅んでいたと思われていたが、最近はプテラノドン類、ニクトサウルス類、タペジャラ類などいくつかのクレードはまだ生き残っていたことがわかっている[3]。ナヴァジョダクティルス、バコニドラコ、モンタナズダルコは2015年にアズダルコ科から他のクレードに移された [4][5][6]

記載[編集]

サイズ比較。ハツェゴプテリクス (A-B)、アランボウルギアニア(C) 、ケツァルコアトルス (D-E)。鋭いクチバシと鈍いクチバシの違いを図示したもの

アズダルコ科は長い脚と極めて長い首で特徴付けられる。アズダルコ科に分類される種のほとんどはその長い頸椎によって同定されており、他の特徴はあまりわかっていない。 いくつかの属は非常に保存状態の良い骨格が知られている。チェージャンゴプテルスとケツァルコアトルスがそうだ。アズダルコ科は頭も長く巨大で、槍のようなクチバシをもっている。アズダルコ科には主に2つのタイプがある。クチバシが「短く深く鈍いもの」と「長く薄く鋭く尖るもの」だ[7]

これはアズダルコ類がスキマーアジサシのように水面をかすめるように飛び、クチバシだけ水中に入れて魚を獲る動物)だったことを示唆している[8][9]とも考えられたが、更なる研究によってその考えに懐疑的な判断が出てきている。それによるとアズダルコ科はスキムフィーディングに必要な適応を欠いており、むしろコウノトリジサイチョウのように地上を歩き回って餌を探すタイプの捕食者だったと考えられる[10][11][12][13][14] 。最大のアズダルコ科の一つハツェゴプテリクスは恐らく孵化直後や小型の恐竜などの小さな獲物を捕食していた。ハツェゴプテリクスは例外的に太く長いクチバシを備えており、それを使って獲物を襲撃しながら、当時のトランシルバニアの生態系の頂点に君臨していたと思われる[15]。他の典型的アズダルコ科の生態としてはアランカのクチバシが参考になる。アランカはその顎の骨の形状から、恐らく貝やその他の硬い殻や甲羅をもつ獲物をクチバシで突き壊して食べていたと考えられている[16]

アズダルコ科は一般的に中型から大型の翼竜だった。最大のものは翼開長が10~12mと推定されている[17] 。しかしいくつかの小型種も最近発見されている[18][19]

系統学[編集]

アズダルコ科は歯のない長いクチバシから、もともとプテラノドンと近縁のクレードと考えられていた。だが歯のあるクテノカスマ類 (クテノカスマプテロダウストロのようなフィルターフィーダー)の方が形態的に近いと主張する者もいた。2017年現在では、トゥプクスアラタペジャラのような翼竜がより近縁であるという考えが広くコンセンサスを得ている。

分類[編集]

以下は2006年の Unwinによる分類から、タペジャラ類に移されたモンタナズダルコを除外したもの[20]

矢状に整列した四肢を使ったアズダルコ科の摂餌姿勢の復原

出典[編集]

  1. ^ Dyke, G., Benton, M., Posmosanu, E. and Naish, D. (2010). "Early Cretaceous (Berriasian) birds and pterosaurs from the Cornet bauxite mine, Romania." Palaeontology, published online before print 15 September 2010. doi:10.1111/j.1475-4983.2010.00997.x
  2. ^ Cat-Size Flying Reptile Shakes Up Pterosaur Family Tree
  3. ^ Agnolin, Federico L. & Varricchio, David (2012). “Systematic reinterpretation of Piksi barbarulna Varricchio, 2002 from the Two Medicine Formation (Upper Cretaceous) of Western USA (Montana) as a pterosaur rather than a bird”. Geodiversitas 34 (4): 883–894. doi:10.5252/g2012n4a10. オリジナルの2013-01-15時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130115164102/http://www.mnhn.fr/museum/front/medias/publication/48099_g2012n4a10.pdf. 
  4. ^ Carroll, N. REASSIGNMENT OF MONTANAZHDARCHO MINOR AS A NON-AZHDARCHID MEMBER OF THE AZHDARCHOIDEA, SVP 2015
  5. ^ Andres, B.; Myers, T. S. (2013). “Lone Star Pterosaurs”. Earth and Environmental Science Transactions of the Royal Society of Edinburgh 103: 1. doi:10.1017/S1755691013000303. 
  6. ^ Wilton, Mark P. (2013). Pterosaurs: Natural History, Evolution, Anatomy. Princeton University Press. ISBN 0691150613. 
  7. ^ Witton, M. P. (2013). Pterosaurs: Natural History, Evolution, Anatomy. Princeton University Press.
  8. ^ Nesov, L. A. (1984). “Upper Cretaceous pterosaurs and birds from Central Asia.”. Paleontologicheskii Zhurnal 1984 (1): 47–57. オリジナルの2009年1月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090105174323/http://www.azhdarcho.com/Art/Paleoart/azhdarch3.htm. 
  9. ^ Kellner, A. W. A.; Langston, W. (1996). “Cranial remains of Quetzalcoatlus (Pterosauria, Azhdarchidae) from Late Cretaceous sediments of Big Bend National Park, Texas”. Journal of Vertebrate Paleontology 16 (2): 222–231. doi:10.1080/02724634.1996.10011310. 
  10. ^ Chatterjee, S.; Templin, R. J. (2004). “Posture, locomotion, and paleoecology of pterosaurs”. Geological Society of America Special Publication 376: 1–64. doi:10.1130/0-8137-2376-0.1. 
  11. ^ Ősi, A.; Weishampel, D.B.; Jianu, C.M. (2005). “First evidence of azhdarchid pterosaurs from the Late Cretaceous of Hungary”. Acta Palaeontologica Polonica 50 (4): 777–787. 
  12. ^ Humphries, S.; Bonser, R.H.C.; Witton, M.P.; Martill, D.M. (2007). “Did pterosaurs feed by skimming? Physical modelling and anatomical evaluation of an unusual feeding method” (PDF). PLoS Biology 5 (8): e204. doi:10.1371/journal.pbio.0050204. PMC: 1925135. PMID 17676976. http://biology.plosjournals.org/archive/1545-7885/5/8/pdf/10.1371_journal.pbio.0050204-L.pdf. [リンク切れ]
  13. ^ Witton, Mark P.; Naish, Darren; McClain, Craig R. (28 May 2008). “A Reappraisal of Azhdarchid Pterosaur Functional Morphology and Paleoecology”. PLoS ONE 3 (5): e2271. doi:10.1371/journal.pone.0002271. PMC: 2386974. PMID 18509539. http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0002271. 
  14. ^ Pterosaurs. https://books.google.com/books?id=NVLkATBBtZ0C&pg=PA116&dq=foraged+on+the+ground+in+a+stork-+or+ground+hornbill-like+manner&hl=no&sa=X&ei=0w9TVPG1O8fsO82bgbgB&ved=0CB4Q6AEwAA#v=onepage&q=foraged%20on%20the%20ground%20in%20a%20stork-%20or%20ground%20hornbill-like%20manner&f=false. 
  15. ^ Naish, D.; Witton, M.P. (2017). “Neck biomechanics indicate that giant Transylvanian azhdarchid pterosaurs were short-necked arch predators”. PeerJ 5: e2908. doi:10.7717/peerj.2908. https://peerj.com/articles/2908/. 
  16. ^ Martill, D.M.; Ibrahim, N. (2015). “An unusual modification of the jaws in cf. Alanqa, a mid-Cretaceous azhdarchid pterosaur from the Kem Kem beds of Morocco”. Cretaceous Research 53: 59–67. doi:10.1016/j.cretres.2014.11.001. 
  17. ^ Witton, M.P.; Habib, M.B. (2010). “On the Size and Flight Diversity of Giant Pterosaurs, the Use of Birds as Pterosaur Analogues and Comments on Pterosaur Flightlessness”. PLoS ONE 5 (11): e13982. doi:10.1371/journal.pone.0013982. PMC: 2981443. PMID 21085624. http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0013982. 
  18. ^ Martin-Silverstone, Elizabeth; Witton, Mark P.; Arbour, Victoria M.; Currie, Philip J. (2016). “A small azhdarchoid pterosaur from the latest Cretaceous, the age of flying giants”. Royal Society Open Science 3 (8): 160333. doi:10.1098/rsos.160333. 
  19. ^ Prondvai, E.; Bodor, E. R.; Ösi, A. (2014). “Does morphology reflect osteohistology-based ontogeny? A case study of Late Cretaceous pterosaur jaw symphyses from Hungary reveals hidden taxonomic diversity”. Paleobiology 40 (2): 288–321. doi:10.1666/13030. 
  20. ^ Unwin, David M. (2006). The Pterosaurs: From Deep Time. New York: Pi Press. p. 273. ISBN 0-13-146308-X. 
  21. ^ Ibrahim, N.; Unwin, D.M.; Martill, D.M.; Baidder, L.; Zouhri, S. (2010). Farke, Andrew Allen. ed. “A New Pterosaur (Pterodactyloidea: Azhdarchidae) from the Upper Cretaceous of Morocco”. PLoS ONE 5 (5): e10875. doi:10.1371/journal.pone.0010875. PMC: 2877115. PMID 20520782. http://www.plosone.org/article/info:doi/10.1371/journal.pone.0010875. 
  22. ^ Averianov, A.O. (2007). “New records of azhdarchids (Pterosauria, Azhdarchidae) from the late Cretaceous of Russia, Kazakhstan, and Central Asia”. Paleontological Journal 41 (2): 189–197. doi:10.1134/S0031030107020098. 
  23. ^ a b Averianov, A.O. (2010). “The osteology of Azhdarcho lancicollis Nessov, 1984 (Pterosauria, Azhdarchidae) from the Late Cretaceous of Uzbekistan” (PDF). Proceedings of the Zoological Institute of the Russian Academy of Sciences 314 (3): 246–317. http://www.zin.ru/journals/trudyzin/doc/vol_314_3/TZ_314_3_Averyanov.pdf. 
  24. ^ Vremir, M. T. S.; Kellner, A. W. A.; Naish, D.; Dyke, G. J. (2013). Viriot, Laurent. ed. “A New Azhdarchid Pterosaur from the Late Cretaceous of the Transylvanian Basin, Romania: Implications for Azhdarchid Diversity and Distribution”. PLoS ONE 8: e54268. doi:10.1371/journal.pone.0054268. PMC: 3559652. PMID 23382886. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3559652/. 
  25. ^ Averianov, A.O.; Arkhangelsky, M.S.; Pervushov, E.M. (2008). “A New Late Cretaceous Azhdarchid (Pterosauria, Azhdarchidae) from the Volga Region”. Paleontological Journal 42 (6): 634–642. doi:10.1134/S0031030108060099.