チエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チエット
識別情報
PubChem 3415867
特性
化学式 C3H4S
モル質量 72.12886
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

チエット (thiete) は、三つの炭素原子と一つの硫黄原子からなり、二つの炭素の間に二重結合を持つ四員環複素環式化合物[1][2][3]、化学式 C3H4S で表される。非常に不安定なため[4]一般的に単体では存在せず、通常は誘導体の形で存在する。2H-チエット 1,1-ジオキシドは比較的安定であり、スルフェンとイナミンの [2+2] 環化付加反応により合成できる。

構造[編集]

平面構造で、炭素-硫黄-炭素の角度は76.8°である[5]

脚注[編集]

  1. ^ Leśniak, S.; Lewkowski, J.; Kudelska, W.; Zając, A. (2008). “Thietanes and Thietes: Monocyclic”. Comprehensive Heterocyclic Chemistry III 2.07: 389–428. doi:10.1016/B978-008044992-0.00207-8. 
  2. ^ Block, E. (2007). “Thietes and Derivatives”. Science of Synthesis 33: 187-202. 
  3. ^ Block, E.; DeWang, M. (1996). “Thietanes and Thietes: Monocyclic”. Comprehensive Heterocyclic Chemistry II 1.24: 773–802. doi:10.1016/B978-008096518-5.00024-1. 
  4. ^ Dittmer, D. C.; Davis, F. A. (1965). “Evidence for a Thiete (Thiacyclobutene)”. Journal of the American Chemical Society 87 (9): 2064–2065. doi:10.1021/ja01087a048. 
  5. ^ Rodler, M.; Bauder, A. (1985). “Microwave spectrum, dipole moment and molecular structure of 1,2-dithiete”. Chemical Physics Letters 114: 575-578. doi:10.1016/0009-2614(85)85145-9. 

関連項目[編集]