チコマート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社チコマート[1]
種類 株式会社[1]
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
124-0024[1]
東京都葛飾区新小岩1-48-18第二デリカビル3F[1]
設立 1998年平成10年)4月1日[1]
業種 小売業
事業内容 コンビニエンスストアのチェーン本部[1]
代表者 十枝利樹(代表取締役社長[1]
資本金 3005万円[1]
売上高 50億円
従業員数 28名
テンプレートを表示
チコマート店舗例(大阪府・大東浜町店)

チコマートCICO MART CO., LTD.)は、コンビニエンスストアCico MartショップアンドライフスーパーマーケットCicoレストランTOP RUNなどの運営をしていた会社である。

概要[編集]

1983年に伊藤忠燃料の事業部として誕生し、ミニスーパーチェーンとしてスタートした。その後、1998年分社化した[1]。店舗は1999年の193店舗をピークに減少し、2002年には100店舗を割った。その後2005年10月に倒産した。2018年現在も「チコマート」の屋号で営業している店舗は少なからず残っている[2](全て個人経営の店舗である)。

沿革[編集]

  • 1983年昭和58年) - 伊藤忠燃料(現・伊藤忠エネクス)内に事業部を発足。
  • 1995年平成7年) - 橘高倒産に伴いKマートの大阪の店舗の一部を継承。
  • 1995年(平成7年)12月 - コンビニエンス「チコマート井土ケ谷店」を開店。
  • 1998年(平成10年)4月1日 - 「チコマート」事業を分社化し株式会社チコマートを設立[1]
  • 1999年(平成11年) - 株式会社ショップアンドライフを買収し子会社。
  • 2001年(平成13年) - クラフトがチコマートの株式キョウデンに譲渡。キョウデンの傘下になる。
  • 2003年(平成15年)4月 - マネジメント・バイ・アウト(MBO) より独立しキョウデングループから離脱。
  • 2003年(平成15年)10月 - 株式会社太公を買収し子会社。
  • 2005年(平成17年)10月 - 倒産。

店舗数[編集]

  • 1998年度 181店
  • 1999年度 193店
  • 2000年度 174店
  • 2001年度 102店
  • 2002年度 90店
  • 2003年度 85店

関連項目[編集]

  • エムグラントフードサービス - 同社の主力業態「ステーキ&ハンバーグ けん」は元々チコマートの外食部門だった「ステーキ&ハンバーグ いわたき」を発展させたもの。現在でもいわたき4店舗の運営を行っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 502 
  2. ^ 消えたはず「チコマート」兵庫に3店 もしや、ほかにも?神戸新聞NEXT、2018年12月5日 14時35分。

参考文献[編集]

フランチャイズ契約の要点[1][2]