チック・ドノバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
チック・ドノバン
プロフィール
リングネーム "ザ・ゴールデン・ボーイ" チック・ドノバン
チャールズ・ドノバン
本名 チャールズ・ドノバン・ケリー
ニックネーム 黄金銃
身長 181cm[1] - 183cm[2]
体重 101kg[1] - 111kg[2]
誕生日 (1947-03-07) 1947年3月7日(73歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州の旗 ジョージア州
トループ郡ラグレンジ[2]
スポーツ歴 アメリカンフットボール[1]
デビュー 1977年[1]
テンプレートを表示

チック・ドノバンChick Donovan、本名:Charles Donovan Kelley1947年3月7日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラージョージア州ラグレンジ出身[2]

ザ・ゴールデン・ボーイThe Golden Boy)の異名を持つ金髪ヒールとして、テネシーアラバマなど南部のローカル・テリトリーを主戦場に活動した[3]リック・フレアーのスタイルをコピーしていたことから、日本では「小型フレアー」などとも呼ばれた。

来歴[編集]

アメリカンフットボールで活動後、1977年に30歳でデビュー[1]。TVマッチ要員のベビーフェイスとして、地元のNWAジョージア地区(ジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリング)において、スタン・ハンセンマスクド・スーパースターキングコング・モスカオレイ・アンダーソンブラックジャック・ランザキラー・カール・コックスアーニー・ラッドイワン・コロフアレックス・スミルノフオースチン・アイドル、そしてスターリング・ゴールデンと名乗っていた若手時代のハルク・ホーガンらのジョバー1980年初頭まで務めた[4][5]

1980年7月よりロサンゼルスNWAハリウッド・レスリングにおいて、金髪のロングヘアに金色のコスチュームをまとったヒールに転向、オリンピック・オーディトリアムではジョン・トロスミル・マスカラスとも対戦した[6]。以降、"ザ・ゴールデン・ボーイ" チック・ドノバンを名乗り、リック・フレアーギミックをコピーした伊達男系ヒールとなって活動。1981年からはテネシー州メンフィスCWAを主戦場に、悪党マネージャージミー・ハート率いるファースト・ファミリーの一員となり、ジェリー・ローラービル・ダンディースティーブ・カーンダッチ・マンテルロバート・ギブソンらと抗争を展開した[7]

1983年3月、全日本プロレスに初来日。同月27日に後楽園ホールにて大仁田厚NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座に挑戦したほか、ジャンボ鶴田天龍源一郎ともシングルマッチで対戦した[8][9]。帰国後はアラバマサウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリングに参戦、7月から8月にかけて、トミー・ロジャースやリッキー・ギブソンを破ってNWA USジュニアヘビー級王座を2回獲得している[10]

1984年はベビーフェイスのポジションでテキサス州ダラスWCCWに登場し、ミッシング・リンクスーパー・デストロイヤー2号バディ・ロバーツキラー・カーンジノ・ヘルナンデスジム・ガービンなどと対戦[11]。その後はヒールに戻り、1985年2月19日にはジム・クロケット・プロモーションズのTVテーピングにおいてリック・フレアーとのシングルマッチが行われ[12]、3月24日には古巣のジョージアにてマグナムTANWA USヘビー級王座に挑戦した[13]

1987年はメンフィスのCWAに再登場し、4月20日にソウル・トレイン・ジョーンズを破ってCWAインターナショナル・ヘビー級王座を獲得[14]。5月4日にはジャック・ハート(バリー・ホロウィッツ)と組んでジョーンズ&ロッキー・ジョンソンからAWA南部タッグ王座も奪取している[15]

以降、1980年代後半はリップ・タイラーメキシコ湾岸のガルフ・コースト地区で旗揚げしたWOW(ワールド・オーガニゼーション・レスリング)などに出場していた。セミリタイア後の1990年代前半はWCWのTVテーピングにジョバーとして時折出場、1992年11月2日にはアメリカ遠征中だった佐々木健介とも対戦した[16]

2000年代後半に入り、地元のジョージアやアラバマなどサウスイースト地区のインディー団体へのスポット参戦を開始、2006年2月3日にはNWAレッスル・バーミングハムのイベントにおいて、エイドリアン・ストリートとのレジェンド対決が行われた[17]2010年代も、ジョージア州キャロルトンに本拠を置くPWA(ピーチステート・レスリング・アライアンス)などに出場している[18]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWA USジュニアヘビー級王座:2回[10]
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
  • CWAインターナショナル・ヘビー級王座:1回[14]
  • AWA南部ヘビー級王座:1回[19]
  • AWA南部タッグ王座:1回(w / ジャック・ハート)[15]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P79(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d Chic Donovan”. Cagematch.net. 2016年3月27日閲覧。
  3. ^ Chick Donovan”. Online World of Wrestling. 2020年7月4日閲覧。
  4. ^ The GCW matches fought by Chick Donovan in 1978”. Wrestlingdata.com. 2016年3月27日閲覧。
  5. ^ The GCW matches fought by Chick Donovan in 1979”. Wrestlingdata.com. 2016年3月27日閲覧。
  6. ^ The NWAHW matches fought by Chick Donovan in 1980”. Wrestlingdata.com. 2016年3月27日閲覧。
  7. ^ The USWA matches fought by Chick Donovan in 1981”. Wrestlingdata.com. 2016年3月27日閲覧。
  8. ^ The AJPW matches fought by Chick Donovan in 1983”. Wrestlingdata.com. 2016年3月27日閲覧。
  9. ^ AJPW 1983 Grand Champion Carnival I”. Puroresu.com. 2016年3月27日閲覧。
  10. ^ a b NWA United States Junior Heavyweight Title [Southeast/Continental]”. Wrestling-Titles.com. 2016年3月27日閲覧。
  11. ^ The WCCW matches fought by Chick Donovan in 1984”. Wrestlingdata.com. 2016年3月27日閲覧。
  12. ^ The WCW matches fought by Chick Donovan in 1985”. Wrestlingdata.com. 2016年3月27日閲覧。
  13. ^ CWG 1985/03/24”. Cagematch.net. 2016年3月27日閲覧。
  14. ^ a b CWA International Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年3月27日閲覧。
  15. ^ a b AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年3月27日閲覧。
  16. ^ The WCW matches fought by Chick Donovan in 1992”. Wrestlingdata.com. 2016年3月27日閲覧。
  17. ^ NWA Wrestle Birmingham 2006/02/03”. Cagematch.net. 2016年3月27日閲覧。
  18. ^ Chic Donovan: Matches”. Cagematch.net. 2016年3月27日閲覧。
  19. ^ AWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年3月27日閲覧。