チネグランデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
チネグランデ
Cine Grande
情報
正式名称 チネグランデ
旧名称 川崎グランド劇場(グランド1)
完成 1962年
開館 1962年12月1日
閉館 2011年1月10日
最終公演 フラガール
客席数 844席
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTS
70mm映写機
用途 映画上映
運営 株式会社チッタエンタテイメント
所在地 210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町1番地25
アクセス 川崎駅東口から徒歩5分
さいか屋隣接
外部リンク http://cinecitta.co.jp/
テンプレートを表示

チネグランデイタリア語: Cine Grande, 1962年12月1日開業 - 2011年1月10日 閉館)は、かつて存在した日本の映画館である。開業当時の名称は川崎グランド劇場(かわさきグランドげきじょう)、1984年川崎グランド1(かわさきグランドワン)と改称、1987年から閉館まではチネグランデと称した。

略歴・概要[編集]

1962年(昭和37年)12月1日、美須合名会社が経営する映画館街川崎映画街に、川崎グランド劇場として開業する[1][2][3]。神奈川県内最大級の800席規模の大きな劇場の誕生を得て、当時の川崎映画街は、同館を含めて12館となった[2]

1974年(昭和49年)4月1日、美須合名と美須商事が合併して、株式会社カワサキ・ミス(社長美須君江)を設立、同館は同社興行部の直下となる[4]。1982年(昭和57年)10月25日、カワサキ・ミスから興行部門が分離独立、美須興行株式会社(会長美須君江、社長太郎田智、現在の株式会社チネチッタ)を設立、同館の経営は美須興行の直下となる[5]

1984年(昭和59年)、川崎グランド1と改称すると同時に、川崎東宝劇場、川崎東映、川崎ロイヤル、川崎スカイ劇場が川崎グランド2-5と改称する[6]。川崎スカラ座、川崎名画座、川崎銀星座、川崎ニュース劇場はチネチッタ誕生まで、あるいは一部はその後もそのまま営業を続けた[6]。当時の川崎映画街は、同館を含めて9館であった[6]。1985年(昭和60年)、川崎映画街の再開発が着手される[2]

1987年(昭和62年)、同館が位置する川崎映画街がチネチッタとして生まれ変わり、同館はチネグランデと改称する[1]

2009年(平成21年)は松竹映画『男はつらいよ』の40周年を記念して、同年1月1日から6月19日まで、同シリーズ全48作のうち半数となる24作を厳選した特集上映を行った[7]。この年の11月7日に公開された佐々木希主演の映画『天使の恋』(監督寒竹ゆり、配給ギャガ)では、同劇場内及び近隣のチネチッタ通りで撮影が行われている[8]

2010年(平成22年)4月24日、テレビアニメ『天体戦士サンレッド』第2期開始記念のオールナイトイベントをチネグランデにて開催。開催1ヵ月前の3月27日には、同アニメのキャラクター「ヴァンプ将軍」がチネチッタの一日館長としてPR活動を行った[9]。また同年7月24日には、劇場版アニメ『TRIGUN Badlands Rumble』(配給クロックワークス)の上映会が行われ、上映後には同作出演の声優・小野坂昌也速水奨雪野五月らがトークショーを行っている[10]

2011年(平成23年)1月10日、「チネグランデ ファイナル記念特別無料上映会」として、同日20時からの『フラガール』の無料興行、同日22時からの同作の監督李相日を迎えたトークショウをもって、老朽化を理由に閉館、約48年の歴史の幕を下ろした[1][3]。跡地には、フットサルコートをメインとしたスポーツ施設『アレーナチッタ』が同年12月10日にオープンした[11]

事業場データ[編集]

  • 所在地 : 〒210-0023 神奈川県川崎市川崎区小川町1-25 [12]
  • 運営会社 : チッタ エンタテイメント (旧称 美須興行)[12]
  • 代表 : ボルピチェリ孝子 [12]
  • 構造 : 鉄筋コンクリート造、1階 [12]
  • 座席数 : 844席 [12]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c チネグランデ閉館。お別れ上映会実施します!”. LA CITTADELLA official Blog. ラ チッタデッラ (2011年1月7日). 2014年11月16日閲覧。
  2. ^ a b c かわさき区の宝物シート 銀映会 (川崎映画街) (PDF)”. 川崎市. 2011年1月10日閲覧。
  3. ^ a b “名画上映続け半世紀 首都圏最大規模のチネグランデが閉館へ”. 神奈川新聞. (2011年1月5日). http://www.kanaloco.jp/article/24342/cms_id/24172 2014年11月16日閲覧。 
  4. ^ 『映画年鑑 1975』、p.13.
  5. ^ 『映画年鑑 1983』、p.130.
  6. ^ a b c 『映画年鑑 1984』、美須興行広告ページ。
  7. ^ 「男はつらいよ」40周年記念・川崎チネチッタにて2009年元旦より上映 (PDF)”. 「男はつらいよ」公式サイト. 松竹株式会社 (2008年11月12日). 2014年11月16日閲覧。
  8. ^ 映画「天使の恋」いよいよ公開! 撮影場所はラ チッタデッラ!”. LA CITTADELLA official Blog. ラ チッタデッラ (2009年11月2日). 2011年11月1日閲覧。
  9. ^ TVアニメ「天体戦士サンレッド」今年も川崎でオールナイトイベント開催!”. MUSIC LOUNGE. キャンシステム (2010年3月23日). 2014年11月16日閲覧。
  10. ^ 「劇場版TRIGUN」トークショー開催決定!”. 速水奨オフィシャルブログ. OCN (2010年7月9日). 2014年11月16日閲覧。
  11. ^ チッタに新エリア誕生 Arena CITTA'(アレーナチッタ)オープン!!”. カワサキオンライン. クリエイティブワークス (2011年12月10日). 2014年11月16日閲覧。
  12. ^ a b c d e 『映画館名簿 一九九八年』、p.35.

参考文献[編集]

  • 『映画年鑑 1975』、時事映画通信社、1974年12月1日。
  • 『映画年鑑 1983』、時事映画通信社、1982年12月1日。
  • 『映画年鑑 1984』、時事映画通信社、1983年12月1日。
  • 『映画館名簿 一九九八年』、『映画年鑑 1998』別冊、時事映画通信社、1997年12月1日。

関連項目[編集]