チャイナドラゴン (アイスホッケー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャイナドラゴン (アイスホッケー)
原語表記 中国龙之队
創設年 2007年
解散年 2017年
所属リーグ アジアリーグアイスホッケー
本拠地 中華人民共和国の旗中華人民共和国黒竜江省チチハル市
ホームリンク チチハル冬季スポーツセンター
代表者  
監督 荒城啓介
公式サイト 公式サイト
■Template(■ノート ■解説)

チャイナドラゴン(中国語:中国龙之队、英語:China Dragon)は、中華人民共和国黒竜江省チチハル市を本拠地としていたアイスホッケーチーム。ホームリンクは、チチハル冬季スポーツセンター[1]北京市上海市などでもホームゲームを開催した。アジアリーグアイスホッケーに参加していた。2016–17年アジアリーグに参加後、活動停止した。

概要[編集]

前身となったチームは、1945年にハルビンアイスホッケーチームとして創設された[要出典]

アジアリーグアイスホッケーには2季目となる2004/05シーズンから長年のライバルであるチチハル(現・長春富奥)とともに参加。中国リーグなど、中国内の大会においては最多優勝回数を誇るが、アジアリーグではレベル差が激しく、チチハル(現・長春富奥)とともにリーグ最下位争いの常連となってしまっていた。

2006年シーズンは、浩沙集団(浩沙集团)のスポンサーシップを受け、本拠地を北京に移転して浩沙(Hosa)として活動した。

2007年シーズンより長春富奥氷球倶楽部と合併し、中国浩沙として中国代表チームのような形でアジアリーグに参加することになった。開幕直前にNHLサンノゼ・シャークスからスタッフ、選手の派遣を受けることが決まり、チーム命名権をシャークスに譲り、「中国シャークス」と改称。翌シーズンは日本語表記を「チャイナシャークス」と統一した。

2009年、サンノゼ・シャークスが日本人選手と外国籍選手を中心としたチーム運営を行うことにしたため、中国協会がサンノゼ・シャークスとの提携を解消、「チャイナドラゴン」と改称した。

2011年、同じくアジアリーグに所属する東北フリーブレイズの親会社であるゼビオ株式会社と、中国での冬季スポーツの振興に関する提携で合意した。その一環で監督の荒城啓介と選手をレンタル移籍で獲得することとなった。

2016–17年アジアリーグに参加後、2017-18年アジアリーグへの参加を断念、活動停止した。

歴史[編集]

  • 1945年 - ハルビン市を本拠地としてハルビンアイスホッケーチーム創設。(創設時期が満州国時代なのか中華民国時代なのかは不明)
  • 2004年 - アジアリーグアイスホッケーに初参加。初年度は8チーム中7位に終わる。
  • 2006年 - 北京で浩浩沙集団(浩沙集团)のスポンサーシップを受け、北京へ移転。チーム名を「浩沙(Hosa)」と変更する。なお、選手はハルビン在住のままで試合の度に北京へ移動している。
  • 2007年 - 長春富奥チームと合併しチーム名を「中国浩沙」と変更。開幕直前にサンノゼシャークスと提携、チーム名を「中国シャークス」と再変更。
  • 2008年 - チーム名日本語表記を「チャイナシャークス」に統一。本拠地を上海に移転。
  • 2009年 - 中国協会の意向によりサンノゼシャークスとの提携を解消、チーム名を「チャイナドラゴン」と改称した。
  • 2011年 - 中国国家体育総局とゼビオ株式会社が中国での冬季スポーツの振興に関する提携で合意し東北フリーブレイズから監督、選手のレンタル移籍を受けている。またチャイナドラゴンからも中国人選手がフリーブレイズに参加実績がある。
  • 2014年 - 9月23日の対High1戦で勝利。2009年11月29日からのアジアリーグでの連敗を182でストップさせた。
  • 2017年 - 2017-2018シーズンのアジアリーグにチャイナドラゴンが不参加・解散となり活動停止。

主な成績[編集]

アジアリーグ[編集]

順位()内はリーグ参加チーム数。

年度 レギュラーリーグ プレイオフ
試合 勝利 延長勝 GWS勝 引分 GWS負 延長負 敗戦 得点 失点 勝点 順位
2004–05 42 7 2 -- 1 -- 0 32 91 255 26 7位(8) ---
2005–06 38 7 1 -- 1 -- 0 29 68 198 24 8位(9) ---
2006–07 34 6 0 -- 0 -- 1 27 86 188 29 7位(8) ---
2007–08 30 3 0 -- 0 -- 1 26 63 159 10 7位(7) ---
2008–09 36 5 1 1 -- 3 1 25 60 129 23 6位(7) ---
2009–10 36 1 0 0 -- 0 0 35 64 218 3 7位(7) ---
2010–11 36 0 0 0 -- 1 1 34 46 248 2 7位(7) ---
2011–12 36 0 0 0 -- 0 1 35 53 251 1 7位(7) ---
2012–13 42 0 0 0 -- 1 1 40 67 297 2 7位(7) ---
2013–14 42 0 0 0 -- 0 0 42 58 340 0 8位(8) ---
2014–15 48 5 1 2 -- 1 1 38 116 248 23 9位(9) ---
2015–16 48 3 3 1 -- 2 3 36 105 247 22 9位(9) ---

選手[編集]

2009年10月シーズン

ゴールキーパー
# 国籍 選手名 利き腕 登録年 出身地
1 中華人民共和国の旗 謝明 L 中国
20 中華人民共和国の旗 劉学 中国
25 中華人民共和国の旗 呉彗子 2009 中国
26 日本の旗 井上光明 2009 日本/東京都
ディフェンスマン
# 国籍 選手名 利き腕 登録年 出身地
2 中華人民共和国の旗 王野 R 中国
9 中華人民共和国の旗 王大海 (C) L 中国
11 中華人民共和国の旗 董征宇 2009 中国
12 中華人民共和国の旗 張海泉 L 2002 中国
17 中華人民共和国の旗 尹凱 2009 中国
18 中華人民共和国の旗 李健 2009 中国
21 中華人民共和国の旗 孫超 2009 中国
22 中華人民共和国の旗 劉亮 2009 中国
30 中華人民共和国の旗 葛天 2009 中国
フォワード
# 国籍 選手名   利き腕 登録年 出身地
3 中華人民共和国の旗 張威揚 LW L 中国
4 中華人民共和国の旗 姜楠 2009 中国
5 中華人民共和国の旗 陳磊 (A) C 中国
6 中華人民共和国の旗 王崇偉 2008 中国
7 中華人民共和国の旗 姜君 R 2008 中国
8 中華人民共和国の旗 崔志楠 (A) C/RW R 2003 中国
10 中華人民共和国の旗 杜超 2009 中国
13 中華人民共和国の旗 付楠 C/LW L 2007 中国
14 中華人民共和国の旗 郭大川 RW L 2008 中国
15 中華人民共和国の旗 王志強 2009 中国
16 中華人民共和国の旗 曲屹東 2009 中国
19 中華人民共和国の旗 趙先禹 2009 中国
19 スロバキアの旗 マレク・カニチ R 2009 スロバキア
22 スロバキアの旗 ユライ・ストラバク L 2009 スロバキア
23 中華人民共和国の旗 陳志鵬 2009 中国
24 中華人民共和国の旗 郎兵宇 2009 中国
27 ロシアの旗 イーゴリ・アンドリウシュチェンコ 2009 ロシア
28 中華人民共和国の旗 李文思 C 2008 中国
28 中華人民共和国の旗 ジャン・ハオ 2009 中国
29 ドイツの旗 ミハイル・ネミロフスキー 2009 ロシア/モスクワ
29 スロバキアの旗 マトゥシュ・カドラバ R 2009 スロバキア
30 中華人民共和国の旗 王暁楠 2009 中国

かつて所属していた主な選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ チーム概要 アジアリーグアイスホッケー公式サイト