チャック・ウィリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハロルド・ジェローム・"チャック"・ウィリス(Harold Jerome "Chuck" Willis、1928年1月31日 - 1958年4月10日)は、アメリカ合衆国ブルースリズム&ブルースロックンロールの歌手・ソングライター

最大のヒットは「CCライダー」(1957)と「ワット・アム・アイ・リヴィング・フォー」(1958年)で、両方ビルボードR&Bチャートで1位に達した。

1950年代のダンス形態「ストロール」のパフォーマンスにより、「ストロールの」と呼ばれた。

始まり[編集]

ジョージア州アトランタ生まれ。

アトランタのラジオDJゼナス・シアーズが、ある日のタレント・コンテストでウィリスを見初め、マネージャーになり、コロンビア・レコードと1951年に契約させた。

コロンビアの子会社Okehでシングルを出し、人気のR&Bシンガーソングライターとしての地位を確立。

アトランティック[編集]

1956年、アトランティック・レコードに移籍、シングル「手遅れに(彼女はゴーン)」、「ファニータ」と「ラブ・ミー・チェリー」が成功した。

最も成功したレコーディングは、故郷アトランタでマ・レイニーが歌っていた12小節ブルース「CCライダー」(1957年)で、ポップ市場でも売れた。

同曲のゆるいビート、まろやかなヴィブラフォンのバッキングやコーラスは人気ダンス・スタイル「ストロール」を生み出した。

次のシングル「ベティとデュプリー」もストロールの曲で、売れた。

ファッツ・ドミノの曲「ゴーイング・トゥー・ザ・リヴァー」のカバーはR&Bチャートで4番に達した。

急死[編集]

長年にわたって胃潰瘍をわずらい、腹膜炎の手術中に死亡した。30歳でキャリアのピーク時に。

ちょうど彼の最後のシングル「私は何のために生きていますか」/「ハングアップ・マイ・ロックン・ロール・シューズ」のリリース直後だった。

「私は何のために生きている?」は100万枚以上売れ、ゴールド・ディスクとなった。1958年のR&B売り上げ一位だった。

余波[編集]

彼のブルースバラード・ヒット「It's Too Late (She's Gone)」はオーティス・レディングロイ・オービソンバディ・ホリーとクリケッツ、エリック・クラプトンのデレクとドミノスとジェリー・ガルシア・バンドがカバーした。2005年にはカニエ・ウェストがアルバム『レイトレジストレーション』から切った「ゴーン」で同曲を採取している。


1972年にザ・バンドが代表作『ロック・オブ・エイジズ』で「ハングアップ・マイ・ロックン・ロール・シューズ」をカバーし、二枚組アルバムの最後に置いた。


エルヴィス・プレスリーは『I Feel So Bad』『C. C. Rider』をカバーし、Ruth BrownとConway Twittyは『Oh What a Dream』をカバーして売れた。

ウィリスのいとこです。チック・ウィリスは。

盤歴[編集]

シングル[編集]

A面 レーベル チャート(位)
US Pop[1] US
R&B[2]
1952 "My Story" OKeh 4-6905 - 2
1953 "Going To The River" OKeh 4-6952 - 4
"Don't Deceive Me" OKeh 4-6985 - 6
1954 "You're Still My Baby" OKeh 4-7015 - 4
"I Feel So Bad" OKeh 4-7029 - 8
1956 "It's Too Late" Atlantic 1098 - 3
"Juanita" /
"Whatcha' Gonna Do When Your Baby Leaves You"
Atlantic 1112 - 7
11
1957 "C. C. Rider" Atlantic 1130 12 1
1958 "Betty and Dupree" Atlantic 1168 33 15
"What Am I Living For" /
"Hang Up My Rock And Roll Shoes"
Atlantic 1179 9
24
1
9
"My Life" Atlantic 1192 46 12
"Keep A-Driving" Atlantic 2005 - 19

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Whitburn, Joel (2003). Top Pop Singles 1955-2002 (1st ed.). Menomonee Falls, Wisconsin: Record Research Inc.. p. 769. ISBN 0-89820-155-1. 
  2. ^ Whitburn, Joel (1996). Top R&B/Hip-Hop Singles: 1942-1995. Record Research. p. 485.