チャップリンの放浪者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャップリンの放浪者
The Vagabond
監督 チャーリー・チャップリン
脚本 チャーリー・チャップリン
ヴィンセント・ブライアン
製作 チャーリー・チャップリン
撮影 ウィリアム・C・フォスター
ローランド・トザロー
配給 ミューチュアル・フィルム・コーポレーション英語版
公開 1916年7月10日
上映時間 26分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

チャップリンの放浪者』(The Vagabond)は、チャーリー・チャップリンミューチュアル社英語版における3作目のサイレント映画1916年の作品。共演はエドナ・パーヴァイアンスエリック・キャンベルレオ・ホワイトロイド・ベーコン。この作品は、エッサネイ社時代の『チャップリンの失恋』(The Tramp, 1915年)をより発展させ、ドラマ性の高いストーリーを持たせたものである。チャップリンは放浪する音楽家の役で、ある日、ジプシーの居留地で虐待されている娘 (エドナ) に出会う。『失恋』同様、チャップリンは彼女を救おうとする。

キャスト[編集]

日本語吹替[編集]

俳優 日本語吹替
チャールズ・チャップリン 平田広明
エドナ・パーヴァイアンス 安達忍
エリック・キャンベル 宝亀克寿
(ナレーター) 近石真介
この作品はサイレント映画だが、チャップリンのデビュー100周年を記念し、日本チャップリン協会監修のもと、日本語吹替が製作された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 吹替で蘇る!チャップリン笑劇場”. STAR CHANNEL. 2014年11月1日閲覧。
  2. ^ チャップリンの放浪者”. STAR CHANNEL. 2014年11月1日閲覧。