チャップリンの衝突

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャップリンの衝突
The Fatal Mallet
The Fatal Mallet.jpg
監督 マック・セネット
脚本 マック・セネット
製作 マック・セネット
出演者 チャールズ・チャップリン
メーベル・ノーマンド
マック・セネット
マック・スウェイン
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年6月1日
上映時間 18分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

チャップリンの衝突』(The Fatal Mallet) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社による製作で、監督はマック・セネット。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャップリンのフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演15作目にあたる[1][注釈 1]。別邦題は『運命の木槌』。

あらすじ[編集]

チャーリーとセネットは双方ともメーベルに愛情を抱いていた。そこに第三の男スウェインが現れ、3人は木槌とレンガを使ってメーベルを何とかしようと企むが、チャーリーはセネットとスウェインを納屋に押し込めてメーベルをものにする。しかし、納屋から出てきたスウェインと争っているうちに、同じく納屋から出てきたセネットに持って行かれることとなった[2]

評価[編集]

1人の女性をめぐる男性の争いを扱った典型的な「公園もの」の作品で、ノンフィクション作家で映画史家のテッド・オクダ英語版は、「セネットは、意図的にチャップリンを悪者にしようと暴力的な演出している」と分析している[2]。またオクダは、セネットの暴力描写について「のちの三ばか大将は暴力を喜劇に見せるセンスがあったが、セネットにはそれがない」と論じている[2]

キャスト[編集]

  • チャールズ・チャップリン:求婚者
  • メーベル・ノーマンド:メーベル
  • マック・セネット:ライバルの求婚者
  • マック・スウェイン:男

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1914年製作、2010年発見の『泥棒を捕まえる人』を除く

出典[編集]

  1. ^ #大野 (2007) p.253
  2. ^ a b c #Ted Okuda p.42

参考文献[編集]

  • チャールズ・チャップリン『チャップリン自伝』中野好夫(訳)、新潮社、1966年。ISBN 4-10-505001-X。
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』上、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年。ISBN 4-16-347430-7。
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』下、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年。ISBN 4-16-347440-4。
  • 大野裕之『チャップリン再入門』日本放送出版協会、2005年。ISBN 4-14-088141-0。
  • Charlie Chaplin at Keystone And Essanay: Dawn of the Tramp - Google ブックス
  • 大野裕之『チャップリン・未公開NGフィルムの全貌』日本放送出版協会、2007年。ISBN 978-4-14-081183-2。