チャド・クルーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
チャド・クルーガー
Chad Robert Kroeger
Chad Kroeger solo.jpg
2009年
基本情報
出生名 Chad Robert Turton
生誕 1974年11月15日(42歳)
出身地 カナダの旗 カナダ アルバータ州ハンナ
ジャンル ポスト・グランジ
ハードロック
ヘヴィメタル
ポップ・ロック
オルタナティヴ・ロック
オルタナティヴ・メタル
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1994年 - 現在
レーベル 604 Records
共同作業者 ニッケルバック
公式サイト 604 Records

チャド・クルーガー(Chad Robert Kroeger、1974年11月15日 - )は、カナダミュージシャンボーカリストギタリスト

ロックバンド、ニッケルバックの中心人物であり、ベーシストのマイク・クルーガーは実兄。元メンバーで初代ドラマーのブランドン・クルーガーは従兄弟にあたる。

来歴[編集]

カナダアルバータにて生まれる。

13歳の頃からギターを弾き始め、1990年代に入ると、マイク、ライアン・ピークとの3人でバンドを結成、これが後のニッケルバックの前身となる。以降のニッケルバックとしての活動は当該項目を参照のこと。

ソロ活動では、2002年の映画『スパイダーマン』の主題歌「Hero」を製作、ヒットさせている。また、同年サンタナのアルバム「シャーマン」の中の「Why Don't You & I」と、2007年のシングル「Into the Night」で彼と共演を果たしている。

プライベート・レーベル「604 Records」を立ち上げた。

音楽性[編集]

ニッケルバックではリズムギターだけでなく、時にはリードも取る。バンドの音楽性やメンバー構成などもあり、「メタリカジェイムズ・ヘットフィールドを彷彿とさせる」と評されたことも。

ギターのトーンは、エレクトリックとアコースティック両方のサウンドを混ぜた出力であり、ハードなサウンドの中にもアコースティック・サウンドが頻出する、ニッケルバックの楽曲においては需要の高い機能である。

使用機材[編集]

メイン・ギターは、2004年製のPRSのシングルカットモデルを始め、数本揃えている。

2010年に、ギブソン・レスポールにピエゾPUを搭載したシグネイチャー・モデル「Blackwater」を発表した。

ライブでは、ライアンとともにボーカル・マイクをメインマイクとエフェクト用マイクの2本揃えて、スタジオでのサウンドを再現するのが大きな特徴である。ギター・サウンドにおいても、ライブでは他の楽器の音が混ざらないよう、アンプのキャビネットを独立したアイソレーションボックスに入れて音を拾い、クリアなサウンドを実現している。

人物[編集]

アヴリル・ラヴィーンと半年間の交際を経て、2012年8月8日に婚約、翌年7月1日に南フランスで挙式したが、2015年に破局[1]

脚注[編集]

  1. ^ アブリル・ラビーン、夫チャド・クルーガーとの破局をInstagramで報告”. 映画.com (2015年9月10日). 2015年9月10日閲覧。