チャド・ジェンキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャド・ジェンキンス
Chad Jenkins
トロント・ブルージェイズ(マイナー)
Chad Jenkins on August 25, 2012.jpg
2012年8月25日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州チャタヌーガ
生年月日 (1987-12-22) 1987年12月22日(30歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト1巡目(全体20位)
初出場 2012年8月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スティーブン・チャドウィック・ジェンキンス(Stephen Chadwick "Chad" Jenkins、1987年12月22日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州チャタヌーガ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、MLBトロント・ブルージェイズ傘下バッファロー・バイソンズに所属している。

経歴[編集]

ケネソー州立大学英語版出身。2009年のMLBドラフト1巡目(全体20位)でトロント・ブルージェイズに入団。

2012年は2Aで5勝9敗、防御率4.96と不振だったが、8月6日リリーフ要員としてメジャー昇格[1]。翌日のタンパベイ・レイズ戦でメジャーデビューを果たした。シーズン終盤には3試合先発し、10月2日ミネソタ・ツインズ戦でメジャー初勝利を挙げた[2]

2013年、前年と同じ3試合の先発登板を含む10試合に投げた。投球イニングは前年とほぼ同等だったが、防御率を2.70まで下げて成長の跡を見せた。

2014年にはリリーフ専任となり、21試合に登板した。防御率は2.56であり、2シーズン連続で数値を下げた。しかしFIPは3.48であり、過去2シーズンと同様に防御率とFIPの間には乖離が存在したままだった。

2015年はメジャーデビュー以来、自己最少の2試合の登板に終わり、防御率4.91もワーストだった。

2016年2月6日、ガビン・フロイドの加入に伴いDFAとなった[3]。2月10日にAAA級バッファロー・バイソンズに降格した[4]

投球スタイル[編集]

全投球の約60%がシンカー(平均91.5マイル)で、フォーシーム(平均92マイル)は6%程度しか投げない。変化球スライダーチェンジアップが中心で、稀にカッターも投げる(※データは2012年のPITCHf/x[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 TOR 13 3 0 0 0 1 3 0 0 .250 136 32.0 32 5 11 1 1 16 0 0 16 16 4.50 1.34
2013 10 3 0 0 0 1 0 0 0 1.000 132 33.1 31 3 6 2 1 15 0 0 13 10 2.70 1.11
通算:2年 23 6 0 0 0 2 3 0 0 .400 268 65.1 63 8 17 3 2 31 0 0 29 26 3.58 1.22
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Chris Toman (2012年8月6日). “Jenkins, McGuire set to make their pitch for Blue Jays” (英語). MLB.com. 2016年2月8日閲覧。
  2. ^ “Chad Jenkins earns first career win as Blue Jays defeat Twins” (英語). Associated Press. ESPN. (2012年10月2日). http://espn.go.com/mlb/recap?gameId=321002114 
  3. ^ Gregor Chisholm (2016年2月6日). “Blue Jays come to terms with Floyd” (英語). MLB.com. 2016年2月8日閲覧。
  4. ^ MLB公式プロフィール参照。
  5. ^ Player Card: Chad Jenkins” (英語). Brooks Baseball. Baseball Prospectus. 2016年2月8日閲覧。

関連項目[編集]