チャハル作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

チャハル作戦(ちゃはるさくせん)とは、1937年昭和12年)8月9日から10月17日にかけて行われた察哈爾省綏遠省(現在の内モンゴル自治区)における日本軍の作戦である。

7月7日の盧溝橋事件から始まった日中戦争支那事変)で、日本軍は7月末には北平天津地方を制圧し、華北分離工作を完成させるため、8月には北支那方面軍を編成して河北省保定(パオティン)以北の制圧を実行に移そうとしたが、河北省南部に集結しつつある中国軍と衝突する恐れがあったため準備期間が必要となり一時延期され、代わりに行われた作戦である。「察哈爾作戦」とも表記される。

概要 [編集]

清 (Chinese Empire) の地図(1910年)。凡例によれば、濃い黄色は中国本土 (China) 、薄い黄色は中国の属領 (Dependencies of China)。

1911年の辛亥革命で漢民族が満州族が治める清王朝を三民主義を掲げて、満州族の支配からの民族独立として中華民国を建国した。漢民族の領域と満州族のもともとの領土は別になったはずだったが、中華民国は清朝の支配地域を全て継承したいがため、漢民族とチベット民族ウイグル民族モンゴル民族満州民族の各々の領土を全て中華民国の領土と主張して、漢民族を含んだ国家を形成したことのある民族の土地はすべて中華民国であるとしてチベット、ウイグル、モンゴル、満州で各民族が望んだ清王朝解体後の独立を認めなかった。その後、外モンゴル地域については、当時中国国民党にも影響力と優位の関係にあったソヴィエト社会主義共和国連邦1921年にボドー、ダンザン、ドクソムらの指導、ダムディン・スフバートルの軍事的活躍とソ連の赤軍の支援でボグド・ハーン(活仏・化身ラマ)を推戴することで中華民国から独立した。モンゴルは、1924年にボグド・ハーンの死に際して、コミンテルンの指導によってモンゴル人民革命党による一党独裁の社会主義国になることになった。1924年11月26日に「ソ連の16番目の共和国」とまで呼ばれるようになる東側陣営に属する社会主義諸国が「ソ連に従属する衛星国が外モンゴル地域に人民共和国としてソ連に続く世界で2番目の社会主義国家が誕生した[1]。中華民国はソ連の傀儡国家として独立を認めず[2]、ソ連の軍事力によって中国からの独立が保たれた。しかし、その後も日中開戦前にも内モンゴル地域のモンゴル(蒙古)族は国民党からの独立と外モンゴル地域を吸収して大モンゴルの建国を目指していた状況だった。当時、関東軍満州国の安定化を計るため西側で国境を接する察哈爾省を自己の勢力下に置くことを望んでいた。そのため、内モンゴルの独立や自治を求める動きと協力して、1936年 5月には関東軍の板垣征四郎参謀副長などがウジムチン王府で、その動きの中心にある蒙古自治政府委員会の政務院長であるデムチュクドンロブ(徳王)や他の有力者と会見し、蒙古自治政府委員会の支援を約束した。また同年6月5日、関東軍の特務機関員が察哈爾省で、国民党の創設した冀察政務委員会の委員長である宋哲元に逮捕されると(察哈爾事件)、同年6月23日に特務機関長の土肥原賢二少将は、察哈爾省代理主席の秦徳純に、塘沽停戦協定における停戦地帯の察哈爾省までの拡大や合法活動を認めることを要求し、同年6月27日には土肥原の希望通り土肥原・秦徳純協定が調印され、内モンゴルの分離工作が着々と進められて行く。同年11月には蒙古自治政府軍が関東軍の計画に基づいて、綏遠(綏遠省の省都)を攻撃したが、中国軍の反撃により敗退した[3]。綏遠事件により関東軍の計画は一時頓挫したが、好機はすぐに訪れた。1937年(昭和12年)7月7日の盧溝橋事件を発端に日中両軍が交戦状態に入ると、関東軍は察哈爾省の占領を参謀本部に要求し続けた。参謀本部はそのつど却下していたが、そのうち事変不拡大か対支一撃論などの事変拡大か、明確な長期戦略の無いまま同年8月8日に攻略作戦を認可した。こうして始まったのがチャハル作戦である(無断で始めたと言う説もある)。日中開戦後の状況 当初、作戦地域は張家口(察哈爾省の省都)以東とされた。関東軍は3個旅団で東條英機を指揮官とする察哈爾派遣兵団(俗に「東條兵団」と言われる)を編成し、察哈爾省に侵攻し、張家口を占領した(ここには土肥原・秦徳純協定のため中国軍はほとんど配備されていなかった)。その後、1個独立混成旅団が北京方面から万里の長城に程近い河北省南口と察哈爾省の居庸関を攻略のため北上した。しかし、居庸関は険しい山岳地帯に位置していたため、攻めるに難しく守るに易い地形で中国軍の抵抗は頑強であった。そのため内地から派遣されていた第五師団の一部を増援に当て師団長板垣征四郎中将に指揮させた。第五師団の活躍により居庸関を落とし張家口まで進撃した。そこで察哈爾派遣兵団と合体し、チャハル作戦は終了したと思われた。しかし、実際は察哈爾派遣兵団・第五師団ともに参謀本部から許可された作戦地域を無視し、独断で作戦地域を張家口以西に拡大していった。9月13日には綏遠省山西省の省境にある大同を占領し、10月14日には綏遠を占領、10月17日に包頭を占領して進撃は停止した。この際、蒙古自治政府軍も察哈爾派遣兵団に随行して綏遠省の各機関を吸収し、10月27日に徳王らは厚和(現フフホト)で蒙古連盟自治政府を樹立した。その後、蒙古自治政府軍が武装していても当時の中国軍にすら敗退するような練度だったため、自治政府の防衛のために張家口には駐蒙軍(日本軍)が置かれた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 1年以内の短期間で消滅した政権を除くと、ソ連に次いで成立した社会主義国家はモンゴルの北西に隣接するトゥヴァ人民共和国(「タンヌ・トゥヴァ」、1921年8月14日独立宣言、1944年10月11日ソ連に併合)となる。ただし同国はモンゴル以上にソ連の傀儡色が強く、ソ連とモンゴル以外は同国の独立を認めていなかった。
  2. ^ 中華民国は1946年1月にいったんモンゴルの独立を認めたが、後ろ盾のソ連が国共内戦で中国共産党を支援したことを理由に承認を取り消した
  3. ^ 「中国の正体: 社会主義の衣を脱いだ封建王朝」 39 ページ、北村稔 ,2015年8月3日,PHP研究所
  4. ^ 「中国の正体: 社会主義の衣を脱いだ封建王朝」 43 ページ、北村稔 ,2015年8月3日,PHP研究所

関連項目[編集]