チャパキディック (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャパキディック(邦題未定)
Chappaquiddick
監督 ジョン・カラン
脚本 テイラー・アレン
アンドリュー・ローガン
製作 マーク・シアーディ
クリス・カウルズ
キャンベル・G・マッキネス
出演者 ジェイソン・クラーク
ケイト・マーラ
エド・ヘルムズ
ブルース・ダーン
音楽 ガース・スティーヴンソン
撮影 マリス・アルベルチ
編集 キース・フラッセ
製作会社 アペックス・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗エンターテインメント・スタジオズ
公開 アメリカ合衆国の旗2018年4月6日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗$14,455,101[1]
テンプレートを表示

チャパキディック』(原題:Chappaquiddick)は2017年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画である。監督はジョン・カラン、主演はジェイソン・クラークが務めた。

概略[編集]

ケネディ家の末弟であるエドワード・ケネディ上院議員は政治家として申し分ないキャリアを歩んでおり、志半ばで倒れた2人の兄(ジョンロバート)と同様、やがては大統領を目指すと思われていた。しかし、1969年7月18日、エドワードは飲酒運転のために自動車ごと橋から転落するという事故を起こしてしまった。エドワードは何とか岸までたどり着けたが、同乗していたマリー・ジョー・コペクニは溺死した。この死亡事故とその後の隠蔽工作が原因で、エドワードは大統領への道を永久に断たれることとなった。これが世に言うチャパキディック事件である。本作は何故エドワードがこのような愚行に至ったのかを解明する作品である。

キャスト[編集]

製作[編集]

2015年12月14日、サム・テイラー=ジョンソンが本作の監督に起用されたと報じられた[2]2016年4月25日、降板したテイラー=ジョンソンの代わりにジョン・カランが起用され、主役にはジェイソン・クラークがキャスティングされたとの報道があった[3]。7月7日、ケイト・マーラとエド・ヘルムズの出演が決まった[4]。20日、ブルース・ダーンが本作に出演することになったと報じられた[5]。8月31日、ジム・ガフィガンとオリヴィア・サールビーがキャスト入りした[6]。9月7日、本作の主要撮影が始まった[6]

公開・興行収入[編集]

2017年9月8日、エンターテインメント・スタジオズが本作の全米配給権を400万ドルで購入したと発表した[7]。10日、本作はガラ・プレゼンテーションに出品されていた第42回トロント国際映画祭でプレミアを迎えた[8]。当初、本作は2017年12月8日に全米公開される予定だったが[9]、後に公開日は2018年4月6日に延期された[10]。なお、エンターテインメント・スタジオズは本作の広告費に1600万ドルを投じたと報じられている[11]

本作は『クワイエット・プレイス』や『ブロッカーズ』、『The Miracle Season』と同じ週に封切られ、公開初週末に200万ドルから400万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが[11]、実際の数字はそれを上回るものであった。2018年4月6日、本作は全米1560館で公開され、公開初週末に576万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場7位となった[12]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには72件のレビューがあり、批評家支持率は80%、平均点は10点満点で7.1点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『チャパキディック』は事件の最も興味深い謎を放置せざるを得なかったが、主役のジェイソン・クラークの卓越した演技のお陰で上質な作品になっている」となっている[13]。また、Metacriticには28件のレビューがあり、加重平均値は67/100となっている[14]。なお、本作のシネマスコアはBとなっている[15]

出典[編集]