チャラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャラ

  • ちゃら - <俗> 出鱈目、出任せ、いい加減な取引・態度・発言、すぐにバレる嘘。転じて、契約・貸借関係などの取引が「チャラ(いい加減なもの)」であると判明した場合に、その取引をご破算(帳消)にすること。江戸期から現代にまで受け継がれている俗語。 「ちゃらぽら」・「ちゃらんぽらん」とも。 例:「あの男の言うことは ― 事(チャラごと)だ。」「こんなイカサマ勝負は ― (チャラ)にしろ。」
  • ちゃらちゃら(チャラチャラ) - 小さな金属が触れ合う音から、アクセサリーなどで着飾った様子。
  • チャラい - 上記チャラチャラを略したチャラに形容詞化する接尾語「い」をつけた若者言葉。チャラ男等に発展した。例:「オリエンタルラジオ藤森って ― い(チャラい)よね。」