チャレンジランキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

チャレンジランキング(Challenge Ranking)、略称チャレラン(challeran)は、学校現場や青少年地域活動などで、児童生徒らが何かにチャレンジした結果を記録し、そのランキングを競う活動。TOSS代表向山洋一による造語。

身近にあるものを利用した簡単な遊びに、記録で挑戦するのが特徴[要出典]TOSS(教育技術法則化運動)や青少年団体を構成しているメンバー、賛同した多くの人たちなどが、「子どもの遊び・チャレラン」として広めたもの[要出典]

NPO法人日本子どもチャレンジランキング連盟 が統括している。2013年に特定非営利活動法人(NPO法人)となっている[要出典]

チャレラン種目[編集]

身近にあるものを使った簡単な遊びに記録で挑戦するものを「(チャレラン)種目」と呼んでいる。 例としては以下があげられる。

  • ペーパーチャレラン
    TOSS所属の教諭 伊藤亮介が考案した学習ゲーム[1]

NPO法人日本子どもチャレンジランキング連盟[編集]

NPO法人日本子どもチャレンジランキング連盟は、チャレラン活動を広め支援する活動を行っている。

  • 理事長:明石要一(千葉大学名誉教授・千葉敬愛短期大学学長)
  • 副理事長:向山洋一(TOSS Teacher's Organization of Skill Sharing 代表)

脚注[編集]

  1. ^ PHP人名事典


関連書籍と教材[編集]

  • 日本子どもチャレンジランキング連盟 編『チャレラン遊びの大百科』チャレラン情報センター 1995年 ISBN 4795289735
  • 伊藤 亮介『頭が良くなる学習パズル「ペーパーチャレラン」』PHP研究所 2002年 ISBN 4569620957
  • 向山洋一監修、伊藤亮介著『TOSSペーパーチャレラン全集 第1巻』 - 東京教育技術研究所(代表向山洋一)発行の教材