チャンスボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

チャンスボール(Chance Ball)とは、球技[注 1]の試合中において、緩く上がったり[注 2]、打ちやすく自分にとって有利なボールのこと。チャンスチャンボと略されることがある[1]

有利でチャンスであるから決めるべきところではあるが、逆に緊張してミスをしてしまう人も少なくない。強打のラリーが続くプレー中での緩い球は、軟攻・フェイント行為と同様、そのタイミングや両プレイヤーの位置関係次第では、リズムを崩す特徴も持つ。

浮き球[編集]

テニスソフトテニスにおいては、打ち損ないが原因などでふわっと上がった、スピードが遅い打球を「浮き球」と呼ぶ場合がある[2]

一方、(ネットを挟んだ競技ではない)サッカーにおける「浮き球」は、味方へ出すパスの一種「ロブパス」を指すことが多い。主に、パスを受ける側はクッションコントロールでトラップする。

ボレーを決められる場合がある。

チャンスボール回避[編集]

バックスピン[編集]

強打もコース打ちも不可能な状況において、相手に安易にチャンスボールを与えない手段として、バックスピンをかけて低い軌道で返球することがある。相手が強打しづらく、普通に打つよりも滞空時間があり時間を稼げるというメリットもある[3]テニスにおいてはスライスショット[4]があり、バックハンドだけでなくフォアハンドでも用いる選手もいる。

卓球カット主戦型選手はカット(=バックスピン)を多用する戦法で、主に守備範囲を広くとった「後陣」に構える。そのため、ミドル(テーブル中央)への打球は不得手という意見がある[5]

ロブ[編集]

例えば、テニスやバドミントン[注 3]のロブのような著しく高い返球に対しては、タイミングを合わせづらい場合がある。上を向くと太陽光や照明光が視界に入る可能性もある。この際、相手にとっては守備態勢を整える時間も若干与えられているが、そうなる前に少しでも早く攻撃しておかなければという心理が働き、焦ってしまう弊害も考えられる。

バレーボール[編集]

チャンスボールの処理は守備要員であるリベロが率先して行う場合もある(他の選手が速やかに攻撃態勢に入れるように)。ただし、フロントゾーンでリベロがオーバーハンドパスで上げた球を直接、ネットよりも高い位置からアタックすると反則になる。

なお、味方陣地でパスを回すことも可能なバレーボールにおいては「ダイレクト・アタック」「二段攻撃」「三段攻撃」の選択肢があるため、チャンスボールに対して、その選択を迷う場合もある。

また、アンダーハンドパス・オーバーハンドパスのどちらで受けるかの判断も一つの要素だったが、1995年から、第1球目の接触時のみに関してはダブルコンタクト(旧称:ドリブル)の反則をとらないという改正ルールが導入され[6]、状況が一変した。それは、サーブレシーブに関しても同様である。

チャンスサーブ[編集]

従来のルールではアンダーハンドで取らざるをえなかった変化球フローターサーブを、あっさりオーバーハンドで受ける選手も増えた。これにより、意図せずも昔でいう安全サーブ[7]のような結果になってしまったものに対し、チャンスサーブと呼ぶ例も出てきた[8]。 変化はするものの安易にレシーブされてしまった山なりのサーブや、威力があってもサーブレシーブが得意な選手(リベロなど)やその日調子が良い選手の真正面に打ってしまったサーブが、それに該当する。

出典・脚注[編集]

  1. ^ あなたのバレー部はチャンス?チャンボ? - 専門学校日本福祉学院公式ブログ
  2. ^ 浮き球 とは - コトバンク(スポーツ用語がわかる辞典)
  3. ^ 女子シングルス2回戦 - ニッケ全日本テニス選手権82nd公式サイト
  4. ^ Vol.9 スライスで翻弄せよ - tennis365.net
  5. ^ Q&A - プロ卓球松下浩二
  6. ^ 吉田康伸「バレーボールにおけるルール改正に伴う戦術の変化についての研究」 - 法政大学体育・スポーツセンター紀要21, 23-26(2003)
  7. ^ 実戦バレーボール 上 - 大修館書店
  8. ^ 2010-11V・プレミアリーグ - JT ウェブサイト
  1. ^ 特にネット越しにラリーを伴うテニスバレーボール卓球など。
  2. ^ プレーヤーの真正面に来るまさしくチャンスボールもあれば、コートライン付近ぎりぎりの所でラインジャッジを悩ませるものもある。ボレーが禁止されていてワンバウンドでの対応しかできない卓球における「エッジボール」は尚更である。
  3. ^ バドミントンの場合、ボールでなくシャトルコックを用いるが、チャンスシャトルと呼ぶかは不明。