チャンチキおけさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャンチキおけさ
三波春夫シングル
B面 船方さんよ
リリース
規格 レコード
録音 日本の旗 日本
ジャンル 演歌
レーベル テイチク
作詞・作曲 作詞:門井八郎
作曲:長津義司
三波春夫 シングル 年表
チャンチキおけさ
(1957年)
別れ汐時
(1957年)
テンプレートを表示

チャンチキおけさ」は、1957年6月に発売された三波春夫シングル

概要[編集]

浪曲師・南条文若として活動し、歌謡界にデビューするために改名した三波春夫のデビュー曲であり、220万枚を売り上げる大ヒットとなった[1]。歌詞は、故郷を恋しむ思いに満ちた歌詞が当時、集団就職で都会に出ていた若者の郷愁を誘うものであった。

NHK紅白歌合戦では、発売から23年もの月日が経った1980年の「第31回NHK紅白歌合戦」で初めて歌唱され(対戦相手は同じく自身の代表曲「三百六十五歩のマーチ」を初めて歌唱した水前寺清子であり、初歌唱対決だった)、1982年の「第33回NHK紅白歌合戦」でも歌唱された。

1958年7月6日には、本楽曲を題材にした同名の映画が公開され、三波も出演した。

三波の出身地である新潟県長岡市には、三波の銅像、三波本人の直筆による句碑とともに、本楽曲の歌碑が建立されている[2]

東京都中野区江古田にあった三波邸(現在はマンション)前の通りは、地元住民から本楽曲にちなんで「ちゃんちき通り」、自宅は「おけさ御殿」、「ちゃんちき屋敷」と呼ばれ親しまれた。

収録曲[編集]

  1. チャンチキおけさ
  2. 船方さんよ
    • 作詞:門井八郎、作曲:春川一夫

カバー[編集]

映画[編集]

チャンチキおけさ
監督 小杉勇
脚本 池田一朗小川英
出演者 長尾敏之助
二谷英明
沢本忠雄
三波春夫
音楽 小杉太一郎
主題歌 「チャンチキおけさ」
撮影 柿田勇
製作会社 日活
公開 日本の旗1958年7月6日
上映時間 47分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

本曲をモデルとした歌謡映画は1958年に日活系で公開。白黒。上映時間は47分で、いわゆる「SP映画」の一つである。三波は東京のヤクザを思わせながら、実は麻薬専門刑事役で出演した。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

  • 田所源一(長男) - 長尾敏之助
  • 田所太平(次男) - 二谷英明
  • 田所三郎(三男) - 沢本忠雄
  • 田所ふさ(源一の母) - 紅沢葉子
  • 田所春江(源一の妻) - 佐久間玲子
  • 東野千枝 - 香月美奈子
  • 東野栄造(千枝の祖父) - 永井柳太郎
  • 京子(ダンサー) - 横山美代子
  • 長谷部雄三(ボス) - 長弘
  • 森(代貸) - 青木富夫
  • 源田(乾分) - 柳瀬志郎
  • 金公(〃) - 近江大介
  • 町子(飲み屋の娘) - 堀恭子
  • 大吉(町子の父) - 河上信夫
  • 高林(飲み屋の客) - 坂井幸一郎
  • 春さん/三杉刑事 - 三波春夫

脚注[編集]