チャンネル北野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
チャンネル北野
ジャンル バラエティ番組
企画 オフィス北野
構成 関秀章
倉本美津留
酒井健作 ほか
演出 つきざわけんじ
ほか
出演者 ビートたけし
ガダルカナル・タカ
浅草キッド ほか
製作
プロデューサー 伊従淳一
小橋一仁
井澤達也
座間隆司
編集 TDKコア ほか
制作 フジテレビジョン
放送
放送国・地域日本の旗 日本
チャンネル北野
放送期間2000年4月8日 - 2005年3月27日
放送時間土曜日 22:00 - 24:00(開始当時)
土曜日 25:00 - 27:00(終了当時)
放送分120分
チャンネル北野eX
放送期間2005年4月16日 - 2009年3月
放送時間木曜日 22:00 - 23:00
放送分60分
チャンネル北野NEO
放送期間2009年4月 - 2010年1月
放送分120分
回数6

特記事項:
 制作プロダクション:イーストライツ → avex&EAST
テンプレートを表示

チャンネル北野(チャンネルきたの)は、2000年から2010年まで、フジテレビ721→フジテレビTWOで放送されていたバラエティ番組

元々はスカイパーフェクTV!(後のスカパー!プレミアムサービス(標準画質))で放送されていた専門チャンネル北野チャンネル」があり、その受け皿としてフジテレビ721で放送。2005年以降は『チャンネル北野eX』(チャンネルきたのエクストラ)、2009年以降は『チャンネル北野NEO』(チャンネルきたのネオ)とタイトルの変遷を重ねつつ放送された。

ビートたけしガダルカナル・タカ浅草キッドなどのレギュラーコーナーと、単発企画(『eX』時代は「マニアックタイム」)で構成されていた。

本項では、北野チャンネルも併せて記述する。

北野チャンネル[編集]

北野チャンネル
基本情報
運営(番組供給)事業者 スカイエンターテイメント株式会社
放送(配信)開始 1998年8月1日
放送(配信)終了 2000年3月31日
ジャンル 国内ドラマ・バラエティ・舞台
放送内容 ビートたけし(北野武)の映画、お笑い、対談等バラエティ番組
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 スカイエンターテイメント株式会社
チャンネル番号 Ch.727
放送開始 1998年8月1日
放送終了 2000年3月31日
テンプレートを表示

スカイパーフェクTV!・Ch.727にて、1998年8月1日より2000年3月31日まで放送されていた。委託放送事業者はスカイエンターテイメント(現:ジェイ・スポーツ)。

レギュラー番組

チャンネル北野[編集]

『北野チャンネル』の閉局により、2000年4月8日から2005年3月27日までフジテレビ721の2時間番組として放送されていた。放送時間は放送開始時には土曜22:00-24:00、放送終了時は土曜25:00-27:00。「ビートたけしの世紀末毒談」→「ビートたけしの21世紀毒談」以外のコーナーは月2回放送(本放送2回→再放送2回)だった。

レギュラーコーナー
  • ビートたけしの世紀末毒談 → ビートたけしの21世紀毒談
  • 吐いてけ!辛口屋台(北野チャンネル時代の「毒スポ」から改題)
  • 浅草スポーツ → 浅草出版(浅草キッド司会)

チャンネル北野eX[編集]

『チャンネル北野』の後番組として、2005年4月16日から2009年3月までフジテレビ721にて放送。放送時間は木曜22:00 - 23:00。

コーナー
  • ビートたけしの21世紀毒談(毎週13分ほど放送)
  • 月刊浅草出版(月に1度放送)
  • タカベガス(ガダルカナル・タカ司会)
  • マニアックタイム(当番組放送作家酒井健作などが出演)

ほか

チャンネル北野NEO[編集]

『チャンネル北野eX』の後番組として2009年4月より放送開始。フジテレビNEXTにて原則月1回放送。2010年1月まで計6回放送された。

また『eX』までは番組中のレギュラーコーナーだった「ビートたけしの21世紀毒談」はチャンネル北野シリーズ枠を離れ、別番組としてフジテレビONE・TWOで1年間放送された。

主なスタッフ[編集]

  • ブレーン:関秀章倉本美津留
  • 構成:酒井健作(途中からブレーン)、小泉せつ子(特別編)、竹内きよのり(特別編)、石川賢(毒スポ)、つかはら(毒スポ)、島津秀泰(途中から)、篠村俊夫(途中から)ほか
  • 技術:渋谷ビデオスタジオビデオスタッフ・島方春樹ほか)、東通(谷下辰郎ほか)、Zeta(江沢崇、後田良)、ワークビジョン(黒崎修一、佐藤直樹ほか)、LOOP
  • 編集:TDKコア(佐々木達哉ほか)、ザ・チューブ(綿引裕美)、ヌーベルバーグ(石井謙作、小田健二、渡辺健也ほか)、アートプラザ(羽鳥秀司、石井謙作)、PIPEDOG(島田一浩、八木幹治、高城明宏)、ヴィジュアルベイ(井戸清ほか)、RVC(関井昭男ほか)等
  • 音効:高島慎太郎(メディアハウス)、有馬克己(スカイウォーカー・世紀末毒談の初期のみ)
  • 美術:本田邦宏ほか(フジアール)、丸山覚ほか(アックス
  • 協力:小学館週刊ポスト」井上雅義 ほか
  • スタッフ協力:ロコモーション
  • AP:今井真木子
  • 世紀末毒談&21世紀毒談 演出:つきざわけんじ・今泉暢子(MEN'S)※MEN'Sは「北野武全仕事」等も担当
  • その他コーナー 演出:柴田裕正、宮野敏一、双津大地郎 ほか
  • プロデューサー:伊従淳一・小橋一仁(オフィス北野)/井澤達也・座間隆司(イーストライツ→avex&EASTイースト・エンタテインメント)ほか
  • チーフプロデューサー(初期のみ):森昌行(オフィス北野)、梅本満
  • 企画制作:オフィス北野
  • 制作:フジテレビ(チャンネル北野以降から)、COMPASS(北野チャンネル時代は制作著作)