チャンネル1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

チャンネル1』(チャンネルワン)は、1971年4月5日[1]から1988年4月2日[2]まで北日本放送(KNBテレビ)で放送された報道番組情報番組である。

概要[編集]

富山県の民放テレビ局として初の夕方の大型報道・情報番組として放送を開始。1974年3月30日までは18:20から、1974年4月1日以降は18:00 - 18:30(平日)に放送された。土曜版は1973年4月7日よりネットを開始し、1985年10月5日からは18:00 - 18:30での放送となった[3]

県内におけるその日1日の動きや、県内の最新の問題点などに鋭いメスを入れる解説などを展開。視聴者に親しまれ、『ビバ!クイズ』と並ぶKNB夕方の看板番組となった。題名は、KNBアナログテレビ放送のチャンネルから取ったものであった。

放送開始にあたっては、KNBの幹部が青森放送を視察し、『RABニュースレーダー』のビデオテープを借りて研究会を開いた上でこの番組が誕生した[4]

1987年10月5日から全国ネットニュース『NNNライブオンネットワーク』を内包して1時間枠(18:00 - 18:55)で放送されていたが、1988年4月2日に終了。富山テレビの『こんばんは!とやま6:30』など他局のニュースワイド番組制作にも影響を与えた。

後継番組は『KNBニュースプラス1』。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 富山新聞 1971年4月5日付朝刊テレビ欄より
  2. ^ 富山新聞 1988年4月2日付朝刊テレビ欄より
  3. ^ 『北日本新聞』1985年10月5日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 日本放送協会(編) 『20世紀放送史 下』 日本放送出版協会、2001年、30頁。