チャンネル99

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャンネル99
ジャンル バラエティ番組
演出 つきざわけんじ、石和富志男
出演者 ナインティナイン
ナレーター 梶原しげる
製作
プロデューサー 杉村全陽 ほか
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1995年4月4日 - 1996年3月26日
放送時間 火曜23:25〜23:55
放送分 30分

チャンネル99』(チャンネルナインティナイン)は、1995年4月から1996年3月までテレビ朝日系列局で放送されたバラエティ番組である。お笑いコンビ・ナインティナイン岡村隆史矢部浩之)の冠番組。放送時間は毎週火曜 23:25 - 23:55 (JST) 、『大相撲ダイジェスト』の放送期間中は放送を休止。

概要[編集]

当時開局され話題になった多チャンネル時代に、ナインティナインが99のチャンネルを放送する設定で、多くのコーナーを放送するという番組。この番組を足がかりにナインティナインは、多くのシュールな番組を作ることになる。当時の放送規定が緩かったのか、深夜番組にしてかなり過激なお色気企画が主だった。 なおネオバラ枠で放送開始される前は、深夜放送されていた『超天然銀座』の中で5分程度の1コーナーとして放送していた。

鑑識チャンネル
解剖チャンネル
しりとりチャンネル
ジェットコースタードラマチャンネル
矢部と女優が延々と長いキスをする、題名は「恋に恋して」を放送した。新展開で女優をレイプするかのように服を引き裂き、下着姿にする「愛に愛して」は放送規定に引っかかり、1回で打ち切られた。岡村主役の回もあった。
頭突きチャンネル
矢部がチャンピオン「頭突き王」、岡村がレフェリーとして、毎回頭突きの使い手(藤原喜明)らと頭突きをしてもらう。
ピアスチャンネル
Eテレ番組風に、ピアスの開け方を紹介する。モデルは全て同じ人でまとめ撮り。乳首ピアスの回では乳首にピアスを通す建前ではあるが、地上波の番組で乳房から先まで女性の乳首が堂々と写っていた。
トークチャンネル
自称宇宙人の人々とトークするコーナー。この派生系で宇宙人の家を尋ね宇宙へ行く宇宙ツアー、Q99やQ99IIに発展した。
オーディションチャンネル
次世代のアイドルを発掘するオーディション。合格するアイドルは全てふくよかな女性で、CDも発売された。
m.c.A.Tチャンネル
当時謎のラッパーとして注目を集めていたm.c.A.Tの謎を追う番組。岡村扮するm.c.O.T.と外国人タレントグレッグのホントかウソか分からないm.c.A.T情報と関係する人物富樫明生の謎を紹介していた。

テーマ曲(ネオバラ枠のみ)[編集]

オープニングテーマ

  • ホワイトラインズ (デュランデュラン)
  • ガール・パワー (シャンプー)
  • ROKKET KHAOS (HAL FROM APOLLO'69)

エンディングテーマ

  • ずっと二人で (GLAY)
  • SHAKE IT (T-BOLAN)
  • 目を覚ませ (貴水博之)
  • 重力をなくして (hi-posi)

スタッフ[編集]

  • ナレーター:梶原しげる(中期まで)→
  • 構成:おちまさと都築浩
  • 技術:谷下辰郎(東通・深夜枠)→ 古田厚(東通・ネオバラ枠)
  • 音声:門田晃(東通)
  • 編集・MA:井戸清・高橋とみ江(ヴィジュアルベイ・深夜枠)→ ザ・チューブ(ネオバラ枠)
  • 音効:有馬克己(ジャイロ・深夜枠)→ 中村充(アーツポート企画・ネオバラ枠)
  • 美術:丸山覚(アックス・深夜枠)、菊地誠(深夜枠)→ ル・オブジェ・アール・スタジオ(ネオバラ枠)
  • ディレクター:つきざわけんじ・森本正直(MEN'S・深夜枠)→ 石和富志男・安斉克広・塚田秋春(ネオバラ枠)
  • プロデューサー:杉村全陽(テレビ朝日)、上村達也(スーパープロデュース・ネオバラ枠)、泉正隆・河内俊昭(吉本興業・深夜枠のみ)、松島俊輔(電通・深夜枠のみ)
  • 制作協力:MEN'S(深夜枠)→ スーパープロデュース(ネオバラ枠)
  • 制作著作:テレビ朝日

関連項目[編集]

テレビ朝日 ネオバラエティ火曜日
前番組 番組名 次番組
ダチョ〜ン倶楽部
(1994.4 - 1995.3)
チャンネル99
(1995.4.4 - 1996.3.26
Q99→Q99Ⅱ
(1996.4 - 1997.3)