チャーリー・ヘイデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャーリー・ヘイデン
Charlie Haden - Pescara Italy 1990.jpg
Haden in Pescara Italy, 1990
基本情報
出生名 Charles Edward Haden
生誕 (1937-08-06) 1937年8月6日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アイオワ州
Shenandoah
死没 (2014-07-11) 2014年7月11日(76歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンジェルス
ジャンル ジャズ
フリー・ジャズ
職業 ベース奏者, 作曲家
担当楽器 ベース
活動期間 1957年 - 2014年
レーベル A&Mレコード
インパルス!レコード
ECMレコード
ヴァーヴ・レコード
naimレーベル
米デッカ・レコード
共同作業者 オーネット・コールマン
カーラ・ブレイ
キース・ジャレット
公式サイト Charlie Haden Official Website

チャーリー・ヘイデンCharles Edward "Charlie" Haden1937年8月6日 - 2014年7月11日)は、アメリカ合衆国ジャズベース奏者

来歴[編集]

10代よりベースを始め、1957年からロサンゼルスにて、アート・ペッパーハンプトン・ホーズデクスター・ゴードンポール・ブレイ等とセッションを重ねる。

1959年オーネット・コールマンカルテットに参加。この頃の経験が、彼のスタイルの原点となる。

1967年より、キース・ジャレット・アメリカン・カルテットに参加。

1967年カーラ・ブレイらとリベレーション・ミュージック・オーケストラを結成。このバンドは、反戦や政治的なテーマをもって活動を行う。

1987年、アラン・ブロードベントらと共にチャーリー・ヘイデン・カルテット・ウェスト(Charlie Haden Quartet West)を結成。古き良き時代のアメリカ映画をテーマしている。

1998年、パット・メセニーとの共作名義アルバム『ミズーリの空高く(Beyond the Missouri Sky (Short Stories))』で第40回グラミー賞(最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・グループ)を受賞。

これらの他にも多くのミュージシャンとセッションしており、デュオ・アルバムも多数制作されている。

2014年7月11日、ロサンゼルスで死去[1]。76歳没。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

1970年代
1980年代
  • ヤン・ガルバレクおよびエグベルト・ジスモンチと共同名義, 『マジコ:カルタ・デ・アモール』 - Mágico: Carta de Amor(1981年4月録音)(ECM) 2012年
  • デニー・ザイトリンと共同名義, Time Remembers One Time Once(1981年7月録音)(ECM) 1983年
  • 『エチュード』 - Etudes(1987年9月録音)(Soul Note) 1988年
  • 『サイレンス』 - Silence(1987年11月録音)(Soul Note) 1989年
  • ジェリ・アレン、ポール・モチアンと共同名義, 『イン・ザ・イヤーズ・オブ・ザ・ドラゴン』 - In the Year of the Dragon(1989年3月録音)(JMT Productions) 1989年
  • エグベルト・ジスモンチと共同名義, 『イン・モントリオール』 - In Montreal(1989年7月録音)(ECM) 2001年
1990年代
2000年代
  • 『ノクターン』 - Nocturne(2000年8月録音)(Verve) 2001年
  • 『アメリカン・ドリームス』 - American Dreams(2002年7月録音)(Verve) 2002年
  • 『ランド・オブ・ザ・サン』 - Land of the Sun(2003年12月録音)(Verve) 2004年(第47回グラミー賞(最優秀ラテン・ジャズ・アルバム))
  • 『ナイトフォール』 - Nightfall(2003年10月録音)(Naim) 2004年
  • ゴンサロ・ルバルカバと共同名義, 『トーキョー・アダージョ:ライヴ・アット・ブルーノート東京』 - Tokyo Adagio(2005年3月録音)(Impulse!) 2015年(「ブルーノート東京」におけるライヴ)
  • アントニオ・フォルチオーネと共同名義, 『ハートプレイ』 - Heartplay(2006年6月録音)(Naim) 2006年
  • ブラッド・メルドーと共同名義, 『ロング・アゴー・アンド・ファー・アウェイ』 - Long Ago and Far Away(2007年録音)(Impulse!) 2018年(没後作品)
  • 『ファミリー&フレンズ:ランブリング・ボーイ』 - Family & Friends: Rambling Boy(2008年録音)(Decca/EmArcy) 2008年
  • ハンク・ジョーンズと共同名義, 『カム・サンデイ』 - Come Sunday(2010年2月録音)(EmArcy) 2012年

リベレーション・ミュージック・オーケストラ名義[編集]

サイドマン作品(一部)[編集]

オーネット・コールマンの作品に参加

  • ジャズ来るべきもの』 - The Shape Of Jazz To Come(1959年録音)(Atlantic) 1959年
  • 『世紀の転換』 - Change Of The Century(1959年録音)(Atlantic) 1960年
  • 『ジス・イズ・アワ・ミュージック』 - This Is Our Music(1960年7月、8月録音)(Atlantic) 1961年
  • フリー・ジャズ』 - Free Jazz: A Collective Improvisation(1960年12月録音)(Atlantic) 1961年
  • 『オーネット!』 - Ornette!(1961年録音)(Atlantic) 1962年
  • 『ジ・エンプティ・フォックスホール』 - The Empty Foxhole(1966年録音)(Blue Note) 1966年
  • 『オーネット・アット・トゥエルヴ』 - Ornette at 12(1968年録音)(Impulse!) 1968年。のち『クライシス』と併せてCD化 2017年。
  • 『サイエンス・フィクション』 - Science Fiction(1971年録音)(Columbia) 1972年。
    のち(完全版)『コンプリート・サイエンス・フィクション・セッションズ』 - Complete Science Fiction Sessions (Sony) 2000年。

キース・ジャレットの作品に参加
いわゆるアメリカン・カルテット(キース・ジャレット、デューイ・レッドマンチャーリー・ヘイデン、ポール・モチアン)

その他の編成

カーラ・ブレイの作品に参加

主な共演者[編集]

ジェリ・アレン、ミック・グッドリック、ヤン・ガルバレクジョン・コルトレーンオーネット・コールマンエグベルト・ジスモンチキース・ジャレットハンク・ジョーンズジョン・スコフィールドドン・チェリージャック・ディジョネットガトー・バルビエリハービー・ハンコックビリー・ヒギンス、エド・ブラックウェル、ビル・フリゼールカーラ・ブレイマイケル・ブレッカー、アラン・ブロードベント、パット・メセニー、ポール・モチアン、スコット・ラファロゴンサロ・ルバルカバジョシュア・レッドマンデューイ・レッドマン、ミルチョ・レビエフ、ジョー・ロヴァーノ、アーニー・ワッツ、富樫雅彦リンゴ・スター

脚注[編集]

  1. ^ チャーリー・ヘイデン氏が死去 米ジャズベース奏者 日本経済新聞 2014年7月12日