チャーリー・モントーヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はモントーヨ第二姓(母方の)はディアスです。
チャーリー・モントーヨ
Charlie Montoyo
トロント・ブルージェイズ 監督 #25
Charlie Montoyo in 2017.jpg
タンパベイ・レイズでのコーチ時代
(2017年6月30日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区フロリダ英語版
生年月日 (1965-10-17) 1965年10月17日(54歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1987年 MLBドラフト6巡目
初出場 1993年9月7日
最終出場 1993年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

選手歴
監督・コーチ歴

ホセ・カルロス・モントーヨ・ディアスJosé Carlos Montoyo Díaz, 1965年10月17日 - )は、プエルトリコフロリダ英語版出身の元プロ野球選手二塁手)、監督。右投右打。2019年シーズンよりMLBトロント・ブルージェイズの監督を務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1986年MLBドラフト26巡目(全体649位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名されたが、この時は契約しなかった。

現役時代[編集]

1987年MLBドラフト6巡目(全体149位)で再びブルワーズから指名され、プロ入り。

現役時代はほとんどマイナーで過ごし、メジャー経験は1993年モントリオール・エクスポズでプレーした4試合のみである。

引退後[編集]

引退後は1997年に、1998年からエキスパンションによりMLBに加わるタンパベイ・デビルレイズ2008年からタンパベイ・レイズ)の傘下であるアパラチアンリーグのルーキー級プリンストン・レイズ英語版の監督に就任した。それを皮切りに2014年までデビルレイズ及びレイズ傘下の各球団で監督を歴任した。また、2009年にはWBCプエルトリコ代表でコーチを務めた。その後、2015年には親球団であるレイズのコーチとなり、同年から2017年までは三塁コーチ、2018年はベンチコーチを務めた。

2019年シーズンからはトロント・ブルージェイズの監督を務める[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1993 MON 4 5 5 1 2 1 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .400 .400 .600 1.000
MLB:1年 4 5 5 1 2 1 0 0 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .400 .400 .600 1.000

年度別守備成績[編集]



二塁(2B)












1993 MON 3 0 0 0 0 ----
MLB 3 0 0 0 0 ----

背番号[編集]

  • 25(1993年、2015年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Gregor Chisholm (2018年10月25日). “Blue Jays hire Rays coach Montoyo as skipper” (英語). MLB.com. 2019年8月24日閲覧。

関連項目[編集]