チャールズ・ウェブスター・ホーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャールズ・ウェブスター・ホーソン
ケープコッドで授業を行うホーソン

チャールズ・ウェブスター・ホーソン(Charles Webster Hawthorne、1872年1月8日 - 1930年11月29日)はアメリカ合衆国の画家である。

略歴[編集]

イリノイ州クラーク郡で生まれ、メイン州で育った。1890年にニューヨークに出て、ガラス工場で働きながら、夜間にアート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークなどで、ハリー・シドンズ・モウブレー印象派の画家、ウィリアム・メリット・チェイスに学んだ。1895年頃、チェースとヨーロッパに渡り、オランダやイタリアに滞在した。17世紀、オランダのフランス・ハルスやイタリアのジョルジョーネティツィアーノ・ヴェチェッリオといった画家の作品から影響を受けたとされる。

ヨーロッパから戻った後も、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインやアート・スチューデンツ・リーグで修行した。ホーソンの師にあたるチェースから学んだ印象派のスタイルの他にさまざまなスタイルで描くことになった。1900年代には「アシュカン派」と呼ばれる画家たちのより写実的なスタイルに影響を受け、多く描いた女性像には人気のあった人物画家のジェームズ・マクニール・ホイッスラーの影響も見られる。

自らの美術学校を設立したチェースの影響を受けて、ホーソンも1899年から、マサチューセッツ州の半島、ケープコッドで屋外で毎年夏の間、多くの若い画家たちを教えた。この夏の学校に参加した画家にはジョン・ノーブル(1874-1934)、リチャード・E・ミラー(1875–1943)、マックス・ボーム (1868–1923) 、ノーマン・ロックウェル(1894-1978)、ウィリアム・ヘンリー・ジャクソン (1901–1970) らがいる。

1930年にボルチモアで、58歳で亡くなた。ホーソンの作品は、ニューヨークのメトロポリタン美術館ブルックリン美術館で見ることができる。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Richard Mühlberger: Charles Webster Hawthorne. University of Washington Press, Washington, 2010. ISBN 0295979275
  • Jesse Russell: Charles Webster Hawthorne. Book on demand, 2012. ISBN 5511059382