チャールズ・キャメロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1800年代に描かれた肖像画

チャールズ・キャメロン(Charles Cameron、1743年-1812年)は、スコットランド出身のロシア建築家

クラシシズム様式の代表的な建築家で、個性的な表現力にあふれる作品を残している。また、一方でインテリアの設計にも長けていた他、優秀な画家としても著名であった。

代表作として、キャメロン・ギャラリー、パヴロフスクの宮殿、友好の聖堂、などがある。

参考文献[編集]

  • ロシア建築三つの旅 [ユーラシア・ブックレット] (No.61) 浜野アーラ著 浜野道博 訳 東洋書店 2004.6

1993.11

  • 木瓦と葱ぼうず [INAX booklet] (Vol.11 No.1) INAX 1992.1
  • 世界の歴史 11 井上浩一 中央公論新社 1998