チャールズ・グレイ (初代グレイ伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
初代グレイ伯爵
チャールズ・グレイ
Charles Grey
1st Earl Grey
1stEarlGrey.jpg
ジョゼフ・コリアー画
渾名 ノー・フリント・グレイ
生誕 1729年10月23日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ノーサンバーランド州ホーウィック英語版
死没 (1807-11-14) 1807年11月14日(78歳没)
所属組織 Flag of the British Army.svg イギリス陸軍
軍歴 1744年 - 1799年
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

初代グレイ伯爵チャールズ・グレイ: Charles Grey, 1st Earl Grey, KB, PC1729年10月23日 - 1807年11月14日)は、イギリス陸軍軍人貴族七年戦争アメリカ独立戦争フランス革命戦争などで指揮を執った。1801年にはホーウィックのグレイ男爵、1806年にはグレイ伯爵に叙された。

経歴[編集]

1729年10月23日に(ホーウィックの)初代準男爵サー・ヘンリー・グレイとその妻ハンナ(ファラドン英語版のトマス・ウッドの娘)の間の四男としてノーサンバーランド州ホーウィック英語版に生まれた[1][2]

1744年陸軍第6歩兵連隊英語版に少尉として入隊[3]1752年に第6連隊の中尉となった[2]

1759年には第20連隊の大尉として七年戦争ミンデンの戦いに参加[2]1760年クローステル・カンペンの戦いで負傷した[2]1761年から1763年にかけて第98歩兵連隊の中佐司令官(連隊長代理)(Lieutenant-Colonel Commandant)を務めた[2]1772年に大佐に昇進し、1772年から1777年にかけて国王ジョージ3世の副官(Aide-de-camp)を務める[2]

1776年から1782年にかけてはアメリカ独立戦争に従軍した[2]。この戦争でグレイの名前が知られるようになった。とりわけ夜襲の際に部下のマスケット銃からフリントを取り除かせて、誤った発砲で敵に発見されないようにし、銃剣で戦わせたことが話題となり、「ノー・フリント・グレイ(No-flint Grey)」の異名をとった[4]

1777年には少将に昇進し[1][2]、1777年から1787年にかけて第28(ノース・グロスターシャー)歩兵連隊英語版の連隊長(Colonel)を務めた[2]1782年には中将に昇進[1][2]1787年から1789年にかけて第8(王立アイルランド)竜騎兵連隊英語版連隊長、1789年から1795年第7(王女の王立)竜騎兵近衛連隊英語版連隊長を務めた[2]

1793年にはフランス革命戦争で西インド諸島最高司令官(Commander-in-Chief of the West Indies)に任命され[2]ジョン・ジャーヴィス海軍大将とともに西インド諸島へ派遣され、マルティニークグアドループの占領に成功した[4]

1782年から1797年にかけてはダンバートン総督(Governor of Dunbarton)を務めた[2]。1795年から1797年にかけて第20竜騎兵連隊連隊長に就任[2]1796年に大将に昇進した[1][2]。1797年から1807年にかけてはガーンジー総督英語版を務めた[2]

1799年にはノアの反乱シェアーネス英語版で指揮を執った[2]

1799年から1807年にかけて第3(国王所有)竜騎兵連隊英語版連隊長を務めた[2]

1801年6月に連合王国貴族爵位ノーサンバーランド州におけるホーウィックのグレイ男爵(Baron Grey, of Howick in the County of Northumberland)に叙せられ[5]貴族院議員に列した[6]1806年には連合王国貴族爵位グレイ伯爵(Earl Grey)ノーサンバーランド州におけるホーウィック子爵(Viscount Howick, in the County of Northumberland)に叙せられた[7]

ホーウィックの北4マイルのところにあるファラドン英語版で暮らした[4]

1807年11月14日に死去した。爵位は長男チャールズ・グレイが継承した。彼は1830年から1834年にかけて英国首相を務めたことで知られる[2]

栄典[編集]

爵位[編集]

1801年6月23日に以下の爵位を新規に叙された[2][1]

  • ノーサンバーランド州におけるホーウィックのホーウィックの初代グレイ男爵 (1st Baron Grey of Howick, of Howick in the County of Northumberland)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

1806年4月11日に以下の爵位を新規に叙された[2][1]

  • 初代グレイ伯爵 (1st Earl Grey)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)
  • ノーサンバーランド州におけるホーウィックの初代ホーウィック子爵 (1st Viscount Howick, of Howick in the County of Northumberland)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

勲章[編集]

その他[編集]

家族[編集]

1762年サウスウィック英語版のジョージ・グレイの娘エリザベス・グレイ(1744–1822)と結婚。彼女との間に以下の子供を儲けた[2][1]

  • 第1子(長男)チャールズ・グレイ(1764–1845) - 第2代グレイ伯爵位を継承。英国首相
  • 第2子(長女)エリザベス・グレイ (1765–1846) サミュエル・ウィットブレッド英語版と結婚。
  • 第3子(次男)ヘンリー・ジョージ・グレイ英語版 (1766–1845) 陸軍軍人。
  • 第4子(三男)ジョージ・グレイ英語版 (1767–1828) (ファラドンの)初代準男爵に叙される。王立海軍軍人。
  • 第5子(四男)ウィリアム・グレイ (1777-1817)
  • 第6子(五男)エドワード・グレイ英語版 (1782–1837) 英国国教会主教。
  • 第7子(次女)ハンナ・アリシア・グレイ (1785–1832) ジョージ・エドムンド・バイロン・ベテスワース英語版と結婚。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g Lundy, Darryl. “General Charles Grey, 1st Earl Grey” (英語). thepeerage.com. 2019年3月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x Heraldic Media Limited. “Grey, Earl (UK, 1806)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年3月24日閲覧。
  3. ^ Nelson, Paul David (April 1996). Sir Charles Grey, First Earl Grey: Royal Soldier, Family Patriarch. Fairleigh Dickinson University Press. pp. 19. ISBN 978-0-8386-3673-2. 
  4. ^ a b c Earl Grey and the Grey Family” (英語). Howick Hall Gardens. 2019年3月24日閲覧。
  5. ^ The London Gazette: no. 15374. p. 646. 1801年6月9日。
  6. ^ UK Parliament. “Mr Charles Grey” (英語). HANSARD 1803–2005. 2019年3月28日閲覧。
  7. ^ The London Gazette: no. 15905. p. 407. 1806年3月29日。
軍職
新設
連隊新設
第98歩兵連隊連隊長代理
1761年–1763年
連隊廃止
先代:
Thomas Erle
第28(ノース・グロスターシャー)歩兵連隊英語版連隊長
1777年–1787年
次代:
ジェイムズ・パターソン
先代:
ジョン・セヴァーン英語版
第8(王立アイルランド)竜騎兵連隊英語版連隊長
1787年–1789年
次代:
フランシス・ラスセルズ
先代:
スタッドホルム・ホドソン英語版
第7(王女の王立)竜騎兵近衛連隊英語版連隊長
1789年–1795年
次代:
サー・ラルフ・アバークロンビー
先代:
ジョージ・サンドフォード英語版
(連隊長代理)
第20竜騎兵連隊連隊長
1795年–1797年
次代:
第2代ヒースフィールド男爵
先代:
フランシス・ラスセルズ
第8(王立アイルランド)竜騎兵連隊英語版連隊長
1797年–1799年
次代:
サー・ロバート・ラウリー準男爵英語版
先代:
初代アマースト男爵
ガーンジー総督英語版
1797年–1807年
次代:
第11代ペンブルック伯爵英語版
先代:
フランシス・ラスセルズ
第3(国王所有)竜騎兵連隊英語版連隊長
1799–1807
次代:
ウィリアム・カートライト
イギリスの爵位
新設 初代グレイ伯爵
1806年–1807年
次代:
チャールズ・グレイ
初代グレイ男爵
1801年–1807年