チャールズ・サンティアゴ・サンダース・パース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

チャールズ・サンティアゴ・サンダース・パース: Charles Santiago Sanders Peirce、1839年9月10日 - 1914年4月19日)はチャールズ・サンダース・パースとしてより知られているが、彼はアメリカ哲学者論理学者数学者、そして科学者である。パースについての主な解説にかんしてはチャールズ・サンダース・パースの項目を参照。本項目は、その代わりに、彼がミドルネーム「サンティアゴ」を採用したことおよび彼がそのミドルネームを採用した動機は彼の旧友ウィリアム・ジェームズへの感謝の念だったという推測を取り上げる。活字の上でのパースの名前は、1890年ぐらいの早いころに「チャールズ・サンティアゴ・パース」と表記されているが、このころというのは彼がジェームズに深く感謝する理由を持つよりも前である。しかし彼は1906年までは、自分の論文で「サンティアゴ」という名前を使っていない。おそらく彼が「サンティアゴ」という名前を使ったことは、彼の二番目の妻ジュリエットと関係があり、そしておそらく、より後の時期には、ジェームズとも関係がある。

参考文献[編集]

  • ジョゼフ・ブレント『パースの生涯』有馬道子 訳、新書館、2004年。
Brent, Joseph (1998), Charles Sanders Peirce: A Life. Revised and enlarged edition, Indiana University Press, Bloomington, IN.