チャールズ・タウンゼンド (1725-1767)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャールズ・タウンゼンド
Charles Townshend
CharlesTownshend.jpg
生年月日 1725年8月28日
没年月日 (1767-09-04) 1767年9月4日(42歳没)
所属政党 ホイッグ党
称号 枢密顧問官
親族 第2代タウンゼンド子爵(祖父)、第3代タウンゼンド子爵(父)、初代タウンゼンド侯爵(兄)

内閣 ビュート伯内閣
在任期間 1763年3月1日 - 1763年4月20日

グレートブリテン王国の旗 陸軍支払長官英語版
内閣 グレンヴィル内閣、第一次ロッキンガム侯爵内閣、大ピット内閣
在任期間 1765年6月12日 - 1766年8月21日

内閣 大ピット内閣
在任期間 1766年8月2日 - 1767年9月4日

選挙区 グレート・ヤーマス選挙区英語版
サルタッシュ選挙区英語版
ハリッジ選挙区英語版
在任期間 1747年 - 1756年
1756年 - 1761年
1761年 - 1767年
テンプレートを表示

チャールズ・タウンゼンド英語: Charles Townshend1725年8月28日 - 1767年9月4日)は、イギリスの政治家。

タウンゼンド子爵家のヤンガーサンとして生まれ、1747年ホイッグ党庶民院議員に当選して政界入り。閣僚職を歴任し、とりわけ1766年から1767年にかけて財務大臣を務めたことで知られる。アメリカ植民地への支配と課税を強化するタウンゼンド諸法を制定し、アメリカ植民地人の反発を招いた。

経歴[編集]

1725年8月28日、第3代タウンゼンド子爵チャールズ・タウンゼンドとその妻オードリー(旧姓ハリソン)の間の次男として生まれる[1]。第4代タウンゼンド子爵を継承し、初代タウンゼンド侯爵に叙されるジョージ・タウンゼンドは兄である[2]

1747年6月30日グレート・ヤーマス選挙区英語版から選出されて庶民院議員に就任した。その後、サルタッシュ選挙区英語版ハリッジ選挙区英語版と選挙区を移動させながらも死去まで庶民院の議席を維持した[1]

政界入り後、第2代ハリファックス伯爵ジョージ・モンタギュー=ダンク英語版に接近し、1748年にハリファックス伯が通商委員会第一卿(First Lord of Trade)に就任すると通商委員会の委員の一人に任じられた[1]

1754年3月に首相ヘンリー・ペラムが死去した後の初代ニューカッスル公トマス・ペラム=ホールズの内閣では海軍卿委員会英語版の委員の一人に選出された[1]。しかし翌1755年には下野し、ドイツ傭兵の問題でニューカッスル公爵内閣を批判した[1]

1756年11月の第4代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ内閣では王室会計長官英語版に就任[1]1757年4月には枢密顧問官に就任した[1]

ジョン・ビング提督の銃殺刑には慎重な姿勢をとり、ウイリアム・ピット(大ピット)から軽蔑されたが、大ピットが主導した1757年から1761年にかけての第2次ニューカッスル公内閣でポストを維持し続けた[1]

スペインとの戦争に反対したため、つづく第3代ビュート伯爵ジョン・ステュアート内閣でも戦時大臣に留任。一時下野したが、その後すぐに政権復帰し、1763年3月には商務委員会第一卿に就任した[2]。しかし翌4月にジョージ・グレンヴィル内閣が成立すると国王ジョージ3世の手にキスすることを拒否して辞職した。国王はこれに怒り、二度と政府に参加しなくてよいとタウンゼンドに通告した[1]

1765年5月に初代ホランド男爵ヘンリー・フォックス陸軍支払長官英語版を辞職するとグレンヴィル首相の求めに応じて後任の陸軍支払長官に就任した。第2代ロッキンガム侯爵チャールズ・ワトソン=ウェントワース内閣でも留任した[1]

つづいて1766年7月に成立した大ピット内閣では財務大臣に就任した。歳入不足を補うためにアメリカ植民地から搾り取ることを企図し、タウンゼンド諸法を制定した。これはニューヨーク植民地議会の権限停止し、さらに北米13州が輸入する銅、塗料、紙、ガラス、茶などに輸入関税を課すことを内容としており、アメリカ植民地人の強い反発を招いた。アメリカでの反英闘争激化のきっかけとなった[3][2]

1767年9月4日に死去した[1]

家族[編集]

1755年に第2代アーガイル公爵ジョン・キャンベルの娘キャロライン英語版と結婚[4]。彼女との間に息子2人と娘1人を儲けた[1]。キャロラインは1767年8月28日にグリニッジ女男爵に叙せられているが、息子に先立たれたため、彼女一代で廃絶している[1][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Lee, Sidney, ed. (1899). "Townshend, Charles (1725-1767)" . Dictionary of National Biography (in English). 57. London: Smith, Elder & Co.
  2. ^ a b c 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 752.
  3. ^ 今井宏編 1990, p. 335.
  4. ^ Lundy, Darryl. “Rt. Hon. Charles Townshend” (英語). thepeerage.com. 2016年8月9日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Caroline Campbell, Baroness Greenwich” (英語). thepeerage.com. 2016年8月9日閲覧。

参考文献[編集]

グレートブリテン議会英語版
先代:
ロジャー・タウンゼンド英語版
エドワード・ウォルポール英語版
グレート・ヤーマス選挙区英語版選出庶民院議員
1747年–1756年
同一選挙区同時当選者
エドワード・ウォルポール英語版
次代:
チャールズ・タウンゼンド英語版
エドワード・ウォルポール英語版
先代:
ジョージ・クリントン英語版
ダンキャノン子爵英語版
サルタッシュ選挙区英語版選出庶民院議員
1756年–1761年
同一選挙区同時当選者
ジョージ・クリントン英語版
次代:
ジョン・クリーヴランド英語版
ジョージ・アダムス英語版
先代:
トマス・スウェル英語版
ウェンマン・コーク英語版
ハリッジ選挙区英語版選出庶民院議員
1761年–1767年
同一選挙区同時当選者
ジョン・ロバーツ
次代:
トマス・ブラッドショー
ジョン・ロバーツ
公職
先代:
初代ヒルズバラ伯爵
王室会計長官英語版
1756年–1761年
次代:
サー・フランシス・ダッシュウッド準男爵
先代:
初代サンズ男爵
第一商務卿
1763年
次代:
第2代シェルバーン伯爵
先代:
初代ホランド男爵
陸軍支払長官英語版
1765年–1766年
次代:
ノース卿
ジョージ・クック英語版
先代:
ウィリアム・ダウズウェル英語版
財務大臣
1766年–1767年
次代:
ノース卿