チャールズ・ハワード (第10代ノーフォーク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第10代ノーフォーク公チャールズ・ハワード英語: Charles Howard, 10th Duke of Norfolk, FRS, FSA1720年12月1日 - 1786年8月31日)は、イギリス貴族

経歴[編集]

1720年12月1日、ヘンリー・チャールズ・ハワード(第22代アランデル伯ヘンリー・ハワードの孫。5代ノーフォーク公トマス・ハワードと6代ノーフォーク公ヘンリー・ハワードの弟)とその妻メアリー(旧姓アイルワード)の嫡男として生まれた[1][2][3]

ローマ・カトリックとして育てられた[3]。1768年1月にロンドン考古協会フェロー(FSA)、3月に王立協会フェロー(FRS)に就任[3]

1777年9月20日はとこにあたる9代ノーフォーク公エドワードの死去により第10代ノーフォーク公爵位を継承した[1][2]

1786年8月31日に死去。爵位は長男チャールズ・ハワードが継承した[1][2]

爵位[編集]

1777年9月20日はとこエドワードの死により以下の爵位を継承した[1][2]

家族[編集]

1727年にジョン・ブロックホールズの娘キャサリンと結婚し、彼女との間に一人息子で11代公爵位を継承するチャールズ・ハワードを儲けた[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Lundy, Darryl. “Charles Howard, 10th Duke of Norfolk” (英語). thepeerage.com. 2016年6月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e Heraldic Media Limited. “Norfolk, Duke of (E, 1483)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2011年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月28日閲覧。
  3. ^ a b c  "Howard, Charles (1720-1786)". Dictionary of National Biography. London: Smith, Elder & Co. 1885–1900. 
公職
先代:
第9代ノーフォーク公
軍務伯
1777年–1786年
次代:
第11代ノーフォーク公
イングランドの爵位
先代:
エドワード・ハワード
第10代ノーフォーク公
1777年–1786年
次代:
チャールズ・ハワード