チャールズ・フィンチ (第4代ウィンチルシー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第4代ウィンチルシー伯爵チャールズ・フィンチ英語: Charles Finch, 4th Earl of Winchilsea PC1672年9月26日1712年8月16日)は、イギリスの貴族。1689年までメイドストーン子爵儀礼称号を使用した。

生涯[編集]

メイドストーン卿ウィリアム・フィンチ(第3代ウィンチルシー伯爵ヘニッジ・フィンチ英語版の長男)とエリザベス・ウィンダム(Elizabeth Wyndham)の息子として、1672年9月26日に生まれた[1]。しかし、父ウィリアムはチャールズが生まれる前の1672年5月28日に第三次英蘭戦争の海戦で戦死した[1]

1689年9月に祖父が死去すると、ウィンチルシー伯爵とその従属爵位を継承した[1]。その後、1702年にハノーファー駐在大使を、1702年から1705年まで五港副長官英語版とドーヴァー城副総督とケント副提督英語版を、1704年から1705年までケント知事英語版を、1712年に商務委員会第一卿を務めた[2]。また、1711年に枢密顧問官に任命された[2]

1712年8月14日に死去、一人息子が夭折したため叔父ヘニッジ・フィンチが爵位を継承した[1]

家族[編集]

1692年9月26日、サラ・ノース(Sarah Nourse、ヘンリー・ノースの娘)と結婚、1男(夭折)をもうけた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (in English) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. pp. 2155–2156.
  2. ^ a b Cokayne, George Edward, ed. (1898). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (U to Z, appendix, corrigenda, occurrences after 1 January 1898, and general index to notes, &c.) (in English). 8 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 179.
公職
先代:
スタンフォード伯爵
商務委員会第一卿
1711年 – 1712年
次代:
ギルフォード男爵
名誉職
先代:
ロムニー伯爵
ケント知事英語版
ケント首席治安判事英語版

1704年 – 1705年
次代:
ロッキンガム男爵
ケント副提督英語版
1702年 – 1705年
イングランドの爵位
先代:
ヘニッジ・フィンチ英語版
ウィンチルシー伯爵
1689年 – 1712年
次代:
ヘニッジ・フィンチ
メイドストーン子爵
1689年 – 1712年
フィッツハーバート男爵
1689年 – 1712年
イングランドの準男爵
先代:
ヘニッジ・フィンチ英語版
(イーストウェルの)準男爵英語版
1689年 – 1712年
次代:
ヘニッジ・フィンチ