チャールズ・マーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャールズ・マーティン
基本情報
本名 チャールズ・マーティン
通称 Missouri(ミズーリの男)
Prince(貴公子)
階級 ヘビー級
身長 196cm
リーチ 203cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1986-04-24) 1986年4月24日(33歳)
出身地 ミズーリ州セントルイス
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 25
KO勝ち 23
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示

チャールズ・マーティンCharles Martin1986年4月24日 - )は、アメリカ合衆国男性プロボクサーミズーリ州セントルイス出身。元IBF世界ヘビー級王者。長いリーチから放たれる強打を売りにする選手。ディベイラ・エンターテインメント所属。トレーナーはヘンリー・ティルマン。

来歴[編集]

22歳でボクシングをはじめる。アマチュアで63戦したあとプロへ転向した。

2012年10月27日、マーティンはプロデビューを果たし初回終了KO勝ちで白星でデビューを飾った。

2013年3月30日、アルバロ・モラレスと対戦するが4回1-0(40-36、2者が38-38)の引き分けに終わりマーティンのプロ連続KO勝ちは6で止まった。

2013年12月21日、グレンディー・エルナンデスと対戦し4回終了時TKO勝ち。

2014年4月16日、アレクダンサー・フローレンスとNABO北米ヘビー級王座決定戦を行い4回1分14秒KO勝ちで王座獲得に成功した。

2014年7月23日、カーソン・マンスウェルと対戦。3回に2度倒し3回2分33秒TKO勝ちで初防衛に成功した。

2015年2月28日、ラファエル・ザンブラーノ・ラブと対戦し最終10回1分47秒KO勝ちで2度目の防衛に成功した。

2015年4月25日、マディソン・スクエア・ガーデンでトム・ダラスと対戦し初回2分56秒TKO勝ちで3度目の防衛に成功した。

2015年9月26日、ビンセント・サンチェスと対戦。2回と3回にダウンを奪い3回35秒TKO勝ちで4度目の防衛に成功した。

2016年1月16日、バークレイズ・センターデオンテイ・ワイルダー対アルツール・スピルカの前座で、タイソン・フューリーの王座剥奪により空位となったIBF世界ヘビー級王座決定戦でIBF世界ヘビー級1位のビャチェスラフ・グラスコフと対戦。試合は3回にグラスコフがパンチを放った際に右足を痛めて試合を放棄、あっけない幕切れとなったがマーティンが3回TKO勝利を収めて王座獲得に成功した[1][2]。マーティンは25万ドル(3千万円)、グラスコフは52万4千ドル(6千万円)のファイトマネーを受け取った[3]

2016年4月9日、ロンドンO2アリーナロンドンオリンピック金メダリストでIBF世界ヘビー級4位のアンソニー・ジョシュアと対戦し、プロ初黒星となる2回1分52秒KO負けを喫し初防衛に失敗、王座から陥落した[4][5]

2016年4月15日、IBFはマーティンをIBF世界ヘビー級10位にランクインした[6][7]

2016年8月2日、ロサンゼルスダウンタウンで早朝5時頃、車で近付いてきた面識が無い2人の男と口論となり発砲された。弾は逸れたが逃げた犯人を車で追跡した際に電柱に激突した。再び犯人に銃撃され、上腕部に出血多量で死にかけるほどの重傷を負って病院に運ばれ一命を取り留めた[8][9]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Charles Martin stops Vyacheslav Glazkov, wins vacant heavyweight title”. ESPN.com (2016年1月16日). 2016年1月18日閲覧。
  2. ^ マーティン3回TKOで戴冠 IBFヘビー級王座決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月17日
  3. ^ Purses: Wilder $1.5M, Szpilka $250K; Glazkov $524K, Martin $250K”. Boxing.News.24 (2016年1月16日). 2016年1月18日閲覧。
  4. ^ Joshua destroys Martin in two Fightnews.com(英語) 2016年4月9日
  5. ^ ジョシュア2回KO勝ち、IBFヘビー級新王者誕生 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月10日
  6. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2016年4月15日
  7. ^ 田中恒成はWBO・LF級2位、IBFもランキング更新 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月20日
  8. ^ Ex-Boxing Champ Charles Martin Almost Bled to Death in L.A. Shooting TMZ.com 2016年8月4日
  9. ^ 王者候補ベルデホがバイク事故、マーティン銃撃 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月8日

関連項目[編集]

空位
前タイトル保持者
タイソン・フューリー
IBF世界ヘビー級王者

2016年1月16日 - 2016年4月9日

次王者
アンソニー・ジョシュア