チャールズ・F・ブラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チャールズ・F・ブラッシュ
Charles Francis Brush
Charles F. Brush ca1920.jpg
生誕 1849年3月17日
オハイオ州ユークリッド
死没 (1929-06-15) 1929年6月15日(80歳没)
オハイオ州 クリーブランド
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
業績
プロジェクト 風力発電放電灯

チャールズ・F・ブラッシュ英語Charles Francis Brush1849年3月17日 - 1929年6月15日)は、アメリカ合衆国技術者発明家。1888年に風力発電の実験をしたことで知られる。

来歴[編集]

チャールズ・F・ブラッシュの風力発電機

1849年3月17日オハイオ州ユークリッドで生まれた。ミシガン大学を卒業後、ウェスタン・リザーブ大学で博士号を取得した。1876年夏、馬に引かせた踏み車を動力源としたダイナモを組み立てた。1877年4月24日にアメリカ合衆国特許第189,997号"Improvement in Magneto-Electric Machines" を出願している。ブラッシュはゼノブ・グラムの設計を基本としたが、周囲や輪の導線の一部が有効な磁界の外にあって、そのために熱を発していた。この設計を改良していき、環状電機子を元もとの円柱状ではなく円盤状にした。固定子は電機子の外周ではなく、円盤を両面から挟むように配置した。一方の面にS極の電磁石を2つとN極の電磁石を2つ配置し、電機子の円盤を挟んで反対側に反対の極の電磁石を配置している[1]。Brush Electric Company が1881年に発売したダイナモの機種では、長さ89インチ、幅28インチ、高さ36インチで、重量は4,800ポンドであり、1分間に約700回転の速度で動作した。当時世界最大のダイナモと言われていた。これを使って40個のアーク燈を灯すのに、36馬力を必要とした[2]。1888年から1908年まで20年間にわたって直径17m144枚のブレードからなる巨大な多翼風車で12kWの風力発電を実施した。

脚注[編集]

  1. ^ Jeffrey La Favre. “The Brush Dynamo”. 2010年1月23日閲覧。
  2. ^ “The Brush Electric Light”. Scientific American. (1881年4月2日). オリジナルの2011年1月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110111040515/http://www.machine-history.com/Brush%20Electric%20Company. 

文献[編集]

特許[編集]

関連項目[編集]