チャールズ・H・クレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャールズ・H・クレーン
Charles H. Crane
Charles H. Crane.png
生誕 1825年7月19日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ロードアイランド州 ニューポート
死没 (1883-10-10) 1883年10月10日(満58歳没)
US flag 38 stars.svg アメリカ合衆国
ワシントンD.C.
所属組織 アメリカ合衆国陸軍北軍
軍歴 1848年 - 1883年[1]
最終階級 Union Army brigadier general rank insignia.svg 陸軍准将[2]
テンプレートを表示

チャールズ・ヘンリー・クレーン英語: Charles Henry Crane 1825年7月19日 - 1883年10月10日)はアメリカ陸軍軍医。第13代アメリカ陸軍軍医総監英語版を務めた。最終階級は陸軍准将(Brigadier General)。

略歴[編集]

海兵隊と陸軍で活躍した軍人イカボード・クレーン英語版大佐の息子。1844年、イェール・カレッジ英語版学士号(Bachelor of Arts)を取得後、ハーバード大学医学大学院に進学し1847年に医学博士号を取得[2]。1848年2月14日、マサチューセッツ州より陸軍に入隊[1]

1865年4月、クレーンはエイブラハム・リンカーン大統領の死に立ち会った医師の一人となった[1]

1866年7月29日、上院に承認されて陸軍軍医副総監となる[3]。前任の総監ジョゼフ・バーンズ英語版が辞職して以来、代理の総監として職務を果たす[4]。その後チェスター・A・アーサー大統領によって常任の総監に指名された。1882年8月7日、指名は上院に承認され[5]、9日に正式に就任した[4]

1883年10月10日に死ぬまで総監の地位にあった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d New York Times, "Surgeon General Crane Dead."
  2. ^ a b Bowen, 906-907.
  3. ^ New York Times, "Washington News.; Final Adjournment of Congress to December."
  4. ^ a b New York Times, "National Capital Topics; News and Orders for the Army and Navy."
  5. ^ New York Times, "The Senate's Executive Work."

参考文献[編集]

  • Bowen, James L. (1889). Massachusetts in the War, 1861–1865. Springfield, Massachusetts: Clark W. Bryan & Co. OCLC 1986476. https://books.google.com/?id=K0tLhkfW1wwC&printsec=frontcover&q=. 
  • New York Times Obituary: Surgeon General Crane Dead. An Illness Which Terminates Suddenly - His Probable Successor. New York, NY: New York Times,(October 11, 1883), p. 4.
  • New York Times The Senate's Executive Work. John A. Luby Confirmed as Surveyor at Albany - A new Surgeon General., New York, NY: New York Times, (August 8, 1882), p. 1.
  • New York Times National Capital Topics; News and Orders for the Army and Navy., New York, NY: New York Times, August 10, 1882, p. 3.
  • Pilcher, James Evelyn.: The Surgeon Generals of the Army of the United States of America: A Series of Biographical Sketches of the Senior Officers of the Military Medical Service from the American Revolution to the Philippine Pacification (1905) pp. 64–66
  • Special Dispatches to The New York Times, Washington News.; Final Adjournment of Congress to December. Scenes and Incidents of an All Night Session. Sharp Struggle on the Omnibus Appropriation Bill. Increased Pay to Members Goes Through by One Majority. Also a Modified Extension of Bounties. Final Disposition of the Tennessee Senator's Case. Mr. Patterson Permitted to Take the Oath if He Chooses. Passage of the Army Bill Making a Large Increase of Force. The President Supposed to Have Pocketed the Nebraska Bill., New York, NY: New York Times, (July 29, 1866), p. 1.
軍職
先代:
空席
Flag of the Surgeon General of the United States Army with fringe.svg アメリカ陸軍軍医総監英語版
1882年7月3日1883年10月10日
次代:
ロバート・マレー