チュニジア軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チュニジア軍
創設 1956年
派生組織 チュニジア陸軍
チュニジア海軍
チュニジア空軍
指揮官
最高司令官 第4代大統領 ベジ・カイドセブシ
総人員
現総人員 35,000人
財政
軍費/GDP 1.4%
テンプレートを表示

チュニジア軍(チュニジアぐん)は、チュニジアの軍隊である。

概要[編集]

チュニジア軍は陸軍、海軍、空軍から構成されている。 兵力は陸軍27,000名、海軍4,800名、空軍4,000名となっている。この他に準軍事組織として内務省傘下の国家警備隊及び沿岸警備隊12,000名を擁する。

データ[編集]

  • 軍事予算 - 5億ドル(2007年)
  • 兵役 - 選抜徴兵制(1年間)

歴史[編集]

1957年にチュニジアの初代大統領となったハビーブ・ブルギーバの時代ではその親欧米政策により、隣国のアルジェリアと対照的に1977年中国から購入した2隻の哨戒艇(上海II型)を除いて殆どの装備はアメリカフランスイギリスイタリアスウェーデンなど西側諸国から導入されてきた[1][2]

組織・編制[編集]

陸軍[編集]

編制は以下の通り。

  • 機械化旅団[3]×3
  • サハラ特殊旅団×1
  • 工兵中隊×1

保有装備は以下の通り。

戦車
装甲車
火砲
対戦車兵器
地対空兵器

海軍[編集]

所属艦艇についてはチュニジア海軍艦艇一覧を参照のこと。 基地がビゼルトスファックス、ケリビアに存在する。

空軍[編集]

保有機体は以下の通り。

脚注[編集]

  1. ^ Tunisia - Foreign Military Assistance”. GlobalSecurity.org (2011年5月8日). 2018年7月20日閲覧。
  2. ^ Nelson, Harold D. Tunisia, a country study. p.308
  3. ^ 各旅団は以下の部隊から成る。機甲連隊×1、機械化歩兵連隊×1、砲兵連隊×1、防空連隊×1

関連項目[編集]

参考文献[編集]

International Institute for Strategic Studies(IISS),The Military Balance 2008