チュブ (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Insert image here.svg
艦歴
発注
起工 1943年9月16日
進水 1944年6月18日
就役 1944年10月21日
退役 1948年5月23日
その後 1948年5月23日トルコ海軍に転籍
除籍 1948年5月28日
性能諸元
排水量 1,526トン(水上)
2,424トン(水中)
全長 311 ft 9 in (95.0 m)
全幅 27 ft 3 in (8.3 m)
吃水 16 ft 10 in (5.1 m)
機関 ゼネラル・モーターズ
Model 16 V16ディーゼルエンジン 4基
ゼネラル・エレクトリック発電機2基
最大速 水上:20.25 ノット (37 km/h)
水中:8.75 ノット (16 km/h)
航続距離 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)
試験深度 400ft (120m)
巡航期間 潜航2ノット (4km/h) 時48時間、哨戒活動75日間
乗員 士官6名、兵員60名
兵装 5インチ砲1基、40ミリ機関砲、20ミリ機銃
21インチ魚雷発射管10門

チュブ (USS Chub, SS-329) は、アメリカ海軍潜水艦バラオ級潜水艦の一隻。艦名はヨーロッパに広く生息するコイ科の淡水魚や、アメリカで様々な魚種に名付けられているチャブに因んで命名された。

目次

艦歴

当初はボナシ (Bonaci) の艦名であったが、1942年9月24日にチュブと改名される。チュブは1943年9月16日にコネチカット州グロトンエレクトリック・ボート社で起工した。1944年6月18日にT・A・リッシュ夫人によって命名、進水し、1944年10月21日に艦長カシアス・D・ライムズ・ジュニア中佐(アナポリス1935年組)の指揮下就役する。この後、チュブはニューロンドンを出航し、1945年1月24日に真珠湾に到着した。

第1の哨戒 1945年2月 - 4月

2月13日、チュブは最初の哨戒で南シナ海に向かった。2月24日にサイパン島に寄港して補給を受けた後[1]、哨区に到着した。3月3日、チュブは日本の潜水艦と思われる敵から雷撃を受けたが回避した[2]。3月29日には僚艦フラウンダー (USS Flounder, SS-251) からの情報に基づく護衛艦群を発見し、追跡した。敵機によって6度にわたる妨害を受けたが、チュブは全速力を出しなおも食い下がった。しかし、最終的には振り切られた[3]。翌3月30日、チュブの上空で空戦があり、味方機が撃墜された。チュブはさっそく3名のパイロットを救助した。その時、2隻の哨戒艇が出現してきたので、チュブはその場を去った。チュブは南下して哨戒を続けた。4月12日、チュブはジャワ海を航行中に日本の二式水上戦闘機を発見し潜航。直後、爆撃を受け潜望鏡と油圧系統にダメージを受けたが、これ以上の被害はなかった[4]。4月18日、チュブは64日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。

第2、第3の哨戒 1945年5月 - 8月

5月14日、チュブは2回目の哨戒でジャワ海に向かった。5月21日未明、チュブは南緯06度15分 東経116度01分 / 南緯6.25度 東経116.017度 / -6.25; 116.017の地点で2隻の貨物船を攻撃した。この時、第34号掃海艇が出現したので、チュブはこれを撃沈した。その他、6月1日に小型船舶の船団を発見して攻撃したが成功せず[5]、6月14日にもレーダーで探知した目標に魚雷を1本命中させたが、結果ははっきりしなかった[6]。6月21日、チュブは38日間の行動を終えてスービック湾に帰投した。

7月15日、チュブは3回目の哨戒でジャワ海および南シナ海に向かった。この頃には目標らしい目標もほとんどなかったが、それでもジャワ海で多くの小型船舶を撃ち沈めた。具体的には、7月24日に3隻のタグボートおよび小型船を浮上砲戦で撃沈し[7]、8月5日にも大小のタグボートとを撃沈[8]。8月9日には第五一号型駆潜艇風の小型船を撃沈し[9]、8月11日には海上トラックを撃沈した[9]。8月17日、チュブは33日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。

戦後

チュブはフリーマントルからスービック湾に移動し、1945年末まで同地で訓練に従事し、その後西海岸に向かった。1946年、チュブは新たな母港である真珠湾を拠点として作戦活動に従事し、オーバーホールの必要があるときは西海岸を訪れた。1946年11月12日から1947年2月14日まで極東に展開し、模擬哨戒および第7艦隊との訓練を行う。1947年の後半はアラスカ水域への訓練巡航を行い、シアトルからサンフランシスコへの予備役兵の訓練を行った。

トルコ海軍で

サンフランシスコでのオーバーホールの後、チュブはニューロンドンに向けて1948年3月4日に出航、続いて大西洋を横断しトルコイズミルに向かい、5月11日に到着した。5月23日にアメリカ海軍を退役、除籍され、2日後にトルコ海軍に移管された。トルコ海軍ではグル (TCG Gür, S 334) として就役する。1953年にグルはフリート・シュノーケル改修が行われた。最初にトルコのゴルック海軍工廠で作業が行われ、仕上げはアメリカで行われた。

グルは1975年12月12日に退役し、スクラップのためアメリカ合衆国に返還された。

チュブは第二次世界大戦の戦功で3個の従軍星章を受章した。チュブの3度の哨戒は成功として記録された。合計4,200トンの戦果を挙げたと記録されたが、公式記録は第34号掃海艇のみだった。

脚注

  1. ^ 「SS-329, USS CHUB」p.11,12
  2. ^ 「SS-329, USS CHUB」p.13
  3. ^ 「SS-329, USS CHUB」p.29 。この護衛艦群の詳細は不明だが、森田, 95ページには、輸送船を全て喪失した南号作戦最終船団ヒ88J 船団の駆逐艦天津風や海防艦などの残存艦艇が、3月29日の夕刻から潜水艦の攻撃を受けたという記述があり、この残存艦艇のことを指すか。ただし、チュブはこの哨戒では一度も攻撃を行っていない(「SS-329, USS CHUB」p.39,45 )
  4. ^ 「SS-329, USS CHUB」p.37
  5. ^ 「SS-329, USS CHUB」p.83,84,85,86
  6. ^ 「SS-329, USS CHUB」p.87,88
  7. ^ 「SS-329, USS CHUB」p.116,123
  8. ^ 「SS-329, USS CHUB」p.116,123,124
  9. ^ a b 「SS-329, USS CHUB」p.116,125

参考文献

  • SS-329, USS CHUB(issuuベータ版)
  • Theodore Roscoe "United States Submarine Operetions in World War II" Naval Institute press、ISBN 0-87021-731-3
  • Clay Blair,Jr. "Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan" Lippincott、1975年、ISBN 0-397-00753-1
  • 木俣滋郎『敵潜水艦攻撃』朝日ソノラマ、1989年、ISBN 4-257-17218-5
  • 森田友幸『25歳の艦長海戦記 駆逐艦「天津風」かく戦えり』光人社NF文庫、2004年、ISBN 4-7698-2438-6

今日は何の日(11月14日

もっと見る