チュートリアルのオールナイトニッポンR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
チュートリアルのオールナイトニッポンR
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2007年4月21日~2008年12月20日
放送時間 毎月第3土曜27:00~29:00(120分)
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ チュートリアル
(徳井義実福田充徳)
テンプレートを表示

チュートリアルのオールナイトニッポンR( - あーる)とは、ニッポン放送深夜放送オールナイトニッポンR』で放送されていたラジオ番組パーソナリティチュートリアル徳井義実福田充徳)。

放送時間[編集]

ネット局[編集]

※全国21局ネットで放送

主なコーナー[編集]

可能性はゼロではない
「こんなことが起こる可能性は、ゼロではないんじゃないか」ということを募集するネタコーナー
徳井義実のズルムケ駆け込み寺
悩みを抱えるリスナーと電話をつないで悩みに答えるコーナー
細かすぎて伝わらないドッキリ
細かすぎて伝わらない福田(徳井)へのドッキリを募集するコーナー
福田充徳イメージランキングベスト6
リスナーから福田のイメージを募集し、ベスト6を発表するコーナー
福田くんのウィキペディア大作戦
半ページしかない福田充徳のウィキペディアの項目を充実させるために、ウィキペディアに掲載できるような福田の「新キャラ」を募集するネタコーナー(※2007年7月21日放送をもって終了)
デリ福
「福田に、家に来てやってほしいこと」を募集するネタコーナー(※2008年5月17日放送をもって終了)

主な出来事[編集]

2006年[編集]

  • 6月10日、特番1回目の放送が行われる。

2007年[編集]

  • 3月17日の放送では、福田がGLAYの「HOWEVER」を熱唱。その歌声に対し、リスナーからは「一部地域のみの放送で良かった」などといったメールが寄せられた。
  • 4月21日、レギュラー放送開始。『福田くんのウィキペディア大作戦』『徳井のズルムケ駆け込み寺』『細かすぎて伝わらないドッキリ』『可能性はゼロではない』などのコーナーがスタート。
  • 7月21日、ウィキペディアの福田充徳のページを盛り上げようという趣旨でスタートした『福田くんのウィキペディア大作戦』が、「全然成果が上がらない」ということで終了。このコーナーが始まったことで、ウィキペディアの福田のページへのコメント的投稿が殺到し、ウィキペディア管理側よりこのページの編集を厳しく制限されるようになってしまったのが原因である。
  • また、7月21日、コーナーの廃止に伴い、新コーナー『デリ福』がスタート。
  • 10月20日、福田が遅刻(3時すぎに福田に電話したときまだ家に居たようで、すいませんを連呼)したため前半は徳井が一人で進行を行った。「福田に罰ゲームをさせるべき」という流れだったが、到着後福田はこれを頑なに拒否。挙句の果てに何が悪いのかと開き直った。徳井も「福田はこういうのほんとに嫌がるから…」とうやむやになり3時台が終了した。また、同じ曲(アニメフクちゃんのテーマ曲)を何回も繰り返し放送した。またこの時の福田の「ごめんなさい」のセリフがジングルになった。

2008年[編集]

  • 5月17日、福田のイメージアップのためにスタートした『デリ福』が、「福田が拒否ばかりしてイメージがアップしない」ということで終了。それに伴い、新コーナー『福田充徳イメージランキングベスト6』がスタート。
  • 10月18日、徳井が遅刻したため、前半は福田が一人で進行を行った。

スタッフ[編集]

関連項目[編集]