チョウカイフスマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チョウカイフスマ
Arenaria merckioides var. chokaiensis 2.JPG
山形県鳥海山 2012年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ナデシコ亜綱 Caryophyllidae
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ナデシコ科 Caryophyllaceae
: ノミノツヅリ属 Arenaria
: メアカンフスマ A. merckioides
変種 : チョウカイフスマ var. chokaiensis
学名
Arenaria merckioides Maxim. var. chokaiensis (Yatabe) Okuyama
和名
チョウカイフスマ(鳥海衾)

チョウカイフスマ(鳥海衾、学名:Arenaria merckioides var. chokaiensis )はナデシコ科ノミノツヅリ属多年草。メアカンフスマを基本種とする変種。高山植物

特徴[編集]

小型の多年草。基本種のメアカンフスマより全体が大型。は株状になり、全体に短毛がある。はやや厚めで、数対が無柄で対生し、葉身は倒卵状楕円形、長さ15-25mm、幅5-10mmになる。

花期は7-8月。は直径15mmほどで茎先や上部の葉腋に1個つく。は離生し萼片は5個、裂片は長さ6-7mmあり、裂片の先端はあまりとがらない。花弁は5個で白色、縁は全縁。雄蕊は10個で基部は黄色い腺体に囲まれる。雌蕊は3個。果実蒴果で先端が6裂する。

分布と生育環境[編集]

本州の東北地方の鳥海山に特産し、高山帯の砂礫地、岩礫地、岩の割れ目などに生育する。

山形県を代表する花のひとつで、山形県内の学校の「校章」に多く採用されている。古くは旧制山形高等学校の校章になっていた。

なお、月山に生育するものは鳥海山から移植されたものである。

保全状況評価[編集]

絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト

Status jenv VU.png

2007年8月レッドリスト

ギャラリー[編集]

 
 

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本Ⅱ 離弁花類』、1982年、平凡社
  • 豊国秀夫編『山溪カラー名鑑 日本の高山植物』、1988年、山と溪谷社
  • 清水建美、木原浩『高山に咲く花 山溪ハンディ図鑑8』、2002年、山と溪谷社
  • 土門尚三『山形県北庄内の植物誌』1999年 自費出版
  • 斎藤正弘『鳥海花図鑑』、2010年、無明舎出版