チョウジギク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

チョウジギク
Arnica mallotopus.JPG
福島県会津地方、2008年10月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: ウサギギク属 Arnica
: チョウジギク A. mallotopus
学名
Arnica mallotopus Makino
和名
チョウジギク(丁子菊)

チョウジギク(丁子菊、学名Arnica mallotopus )は、キク科ウサギギク属の多年草。別名クマギク

目次

特徴

は、高さ20-85cmくらいになり、上部は縮れ毛が密生する。は茎に対生し、形は長楕円状披針形で長さ7-12.5cm。葉柄はなく、基部は茎をとりまいて短く鞘状になり、縁は鋸歯状になる。花期は8-10月。頭花は径1.5-2cmで、茎の先端に6-9個散房状につけ、横向きに咲く。花柄は長く白い毛が密生する。小花は両性の黄色の筒状花だけで、舌状花はない。果実は痩果となり長さ5mm、冠毛の長さは6-7mmになる。

分布と生育環境

本州、四国に分布し、深山の多湿の斜面などに自生する。

近縁種

  • エゾウサギギク Arnica unalaschcensis
  • オオウサギギク Arnica sachalinensis

参考文献

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本III 合弁花類』、1981年、平凡社


話題の記事11時更新

今日は何の日(8月21日

もっと見る

「チョウジギク」のQ&A