チョロネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
チョロネコ
全国
ムーランド - チョロネコ(#509) - レパルダス
イッシュ
ムーランド - チョロネコ(#015) - レパルダス
基礎データ
英語名 Purrloin
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 レパルダス
世代 第5世代
ポケモン学
分類 しょうわるポケモン
タイプ あく
高さ 0.4m
重さ 10.1kg
特性 じゅうなん / かるわざ
かくれ特性 いたずらごころ
テンプレートを表示

チョロネコは、ポケットモンスターシリーズに登場する654種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴

の体色と、切れ長の目に大きな緑色の瞳を持つ子猫のような姿をしている。

「しょうわるポケモン」の分類通り遊びで人の物を盗むイタズラ好きな気質という、「泥棒猫」をポケモン化した存在だが、愛くるしいしぐさから物を盗まれた人間はつい許してしまうといわれる。同じ猫ポケモンであるニャースニャルマーと同様に怒ると爪を立てて反撃する。実は後ろ足だけで立つことができ、ニューラのように二足歩行も可能である。

ゲームでのチョロネコ

ブラック・ホワイト』から登場。レベル15でタイプ一致技の「おいうち」を覚える。レベル20でレパルダスに進化する。

ストーリー中ではトレーナー・Nや幼なじみのチェレンが使うポケモンでもある。

アニメでのチョロネコ

べストウイッシュ』44話で、ゲストキャラのミーシャ(声 - 藤村歩)の友達のポケモンとして登場。性別は♂。 元々はミーシャと仲良しの優しいポケモンであったが、ミーシャが自分を連れずに出かけてから帰ってこなかった事で捨てられたと思い込み、半野生状態となり、ハトーボーの群れの餌を勝手に食べたり、自分に好意を寄せる、ニャースやサトシのミジュマルを利用する歪んだ性格になってしまう。実はミーシャは出かけた先で事故に遭い入院して帰れずにおり、戻って来てからはずっとチョロネコを探していた。最終的にはミーシャと仲直りをし、自分が怒らせたハトーボーの群れを説得して、サトシ達のピンチを救った。その後、ニャースとミジュマルから再度アプローチを受けるも、ミーシャが♂である事を明かした。

映画でのチョロネコ

『黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム』に登場。声優は豊崎愛生

その他におけるチョロネコ

ポケモンスマッシュ!』のCギアスキン投票企画ではしょこたん部長がチョロネコのスキンをデザインした。

このスキンは人気投票で1位に選ばれ、「ポケモングローバルリンク」を通して配信されている。

関連項目