チョン・デヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チョン・デヨン
Jung Dae-young
 No.13
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1981-08-12) 1981年8月12日(37歳)
出身地 忠清北道清州市
ラテン文字 Jung Dae-young
身長 183cm
体重 71kg
血液型 AB型
選手情報
所属 大韓民国の旗 韓国道路公社ハイパスジェニス
ポジション MB
利き手
スパイク 303cm
ブロック 292cm
 
獲得メダル
女子 バレーボール
Flag of South Korea.svg 韓国
アジア選手権
2001 ナコンラチャシマ
2011 台北
アジア競技大会
2002 釜山
2010 広州
テンプレートを表示

チョン・デヨン(漢字表記:鄭大永、ハングル:정대영、ラテン翻記:Jung Dae-young、女性、1981年8月12日 - )は、大韓民国のプロバレーボール選手[1][2]

来歴[編集]

現代建設時代[編集]

忠清北道清州市出身。中学在学中にバレーボールを始める。当時も高身長であったためポジションはセンターであった[3]。1999年12月に実業団の現代建設に入部し[4]カン・ヘミチャン・ソヨンク・ミンジョンらとともに2000年代前半の現代建設黄金期を支えた。同時期に韓国代表に選出され、アテネオリンピックを始めとする[5]多数の国際大会に出場し、センターFWとして地位を固めた。

スーパーリーグがプロ化されVリーグとなった2005年のレギュラーシーズンには、ベストスコアラーなど個人3冠に輝き、MVPに選出された。

GSカルテックス時代[編集]

2007年5月、デヨンは知人の紹介で知り合った4歳年上の一般男性と6年間の交際の末に結婚し、Vリーグ唯一のミセスプレーヤーとなった[5]。結婚の直前、Vリーグで新設されたフリーエージェント制によるFA資格を得て、プロリーグ発足前から現代建設で苦楽をともにしたイ・スクジャと共に、GSカルテックスに移籍し、年俸1億1000万プレーヤーとなった[6]。デヨンは後にマスコミとのインタビューで、「故障で2006年限りで引退を決意したが、GSカルテックスへの移籍が自分のバレーボール人生にとって大きな転機となった」と語っている[7]

移籍後初シーズンとなった2007/08の直前にデヨンは盲腸の手術を受けた影響で、練習量不足で成績が上がらずに「失敗した移籍」との評価を受けた[7]。試合を重ねるに連れ体調を回復したデヨンは徐々に成績が向上し、チャンピオン決定戦でバックアタック15本(30得点[8])を決めるなど、GSカルテックスのVリーグ初優勝に大きく貢献し、自らもチャンピオン決定戦MVPに輝いた。

2008年はオリンピックイヤーであったが、デヨンは術後の回復度と足首の故障を理由に代表を辞退し、足首の手術を受けた。これに対して韓国バレーボール協会は、デヨンを1年間の国内外試合出場停止という懲戒処分に科した[9]

2010年に女児を出産[3]。同年、3年ぶりに代表へ復帰するとアジア競技大会で銀メダルを獲得した。2012年ロンドン五輪に出場した。2013/14シーズンにはGSカルテックス在籍2度目となる優勝を果たした[3]

韓国道路公社に再移籍[編集]

2014年に再度FAとなったデヨンは、韓国道路公社ハイパスジェニスに移籍した[3]。韓国では数少ないママさんプレーヤーで、娘を道路公社社内の幼稚園に預けて練習に励む[3]

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

受賞歴[編集]

  • 2002年 - 韓国バレーボールスーパーリーグ ベストブロッカー
  • 2005年 - Vリーグレギュラーシーズン MVP、ベストスコアラー、ベストブロッカー
  • 2006年 - Vリーグレギュラーシーズン バックアタック賞
  • 2008年 - Vリーグレギュラーシーズン ベストブロッカー、チャンピオン決定戦MVP

Vリーグの個人記録[編集]

  • 1試合最多ブロック得点 9点(2007年2月22日、対KT&Gアリエールズ戦[10]
  • 通算ブロック得点 300点(女子部で初、2009年2月14日、対韓国道路公社戦)[11]
  • 通算得点 2000点(女子部で二番目にマーク、2009年3月2日)

脚注[編集]

  1. ^ 韓国Vリーグ. “정대영”. 2014年12月19日閲覧。
  2. ^ FIVB. “Jung Dae-young”. 2014年12月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『月刊バレーボール』 2015年1月号 126ページ
  4. ^ 世界日報. “'5월의 신부' 정대영 GS칼텍스에 새 둥지”. 2009年2月15日閲覧。
  5. ^ a b FIVB. “Player's biography”. 2014年12月27日閲覧。
  6. ^ 1ウォン=0.109円換算で約1200万円
  7. ^ a b 東亜日報. “스포츠 화제!이사람/여자프로배구 MVP 정대영”. 2009年2月15日閲覧。
  8. ^ このシーズンの韓国Vリーグは、バックアタック2点制を採用していた。
  9. ^ 聯合ニュース. “"여자배구 황연주, 아마대회 1년 출전 정지 징계 수용(종합)”. 2009年2月15日閲覧。
  10. ^ 聯合ニュース. “프로배구- 삼성 1위 수성..레안드로 트리플크라운(종합)”. 2009年2月15日閲覧。
  11. ^ 聯合ニュース. “프로배구- 대한항공 'PO 굳혔다'(종합2보)”. 2009年2月15日閲覧。

出典[編集]