チョ亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「褚亮」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

褚 亮(ちょ りょう、560年 - 647年)は、中国文学者政治家は希明。杭州銭塘県の出身。本貫河南郡陽翟県。秦王府十八学士のひとりに挙げられた。

経歴[編集]

の秘書監褚玠の子として生まれた。褚亮は若くして群書に広く通じ、文章をよくした。18歳のとき、陳の僕射の徐陵に面会して語り合い、徐陵にその才能を見出された。陳の後主に召されて、詩を賦し、その巧みさを賞賛された。尚書殿中侍郎に累進した。に入って、東宮学士となり、大業年間に太常博士に転じた。隋の煬帝にその才能をねたまれ、楊玄感と友好的であったとして、西海郡司戸に左遷された。617年、薛挙が自立すると、その下で黄門侍郎をつとめた。618年、薛挙の子の薛仁杲が唐に滅ぼされると、褚亮は唐に降って秦王李世民に仕え、鎧曹参軍となり、秦王府の文学館学士に任ぜられた。李世民が征戦に出るたびに、褚亮は軍中にあって、謀略面の助言にあたった。627年、弘文館学士となった。635年、散騎常侍に任ぜられ、陽翟県男に封ぜられた。642年、爵位は侯に進み、食邑七百戸を受けた。647年、88歳で世を去り、太常卿の位を追贈され、昭陵に陪葬された。を康といった。

子に褚遂賢・褚遂良がいた。

伝記資料[編集]

  • 旧唐書』巻72 列伝第22「褚亮伝」
  • 新唐書』巻102 列伝第27「褚亮伝」