チラーミィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
チラーミィ
全国
ゾロアーク - チラーミィ(#572) - チラチーノ
イッシュ
ゾロアーク - チラーミィ(#078) - チラチーノ
基礎データ
英語名 Minccino
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 チラチーノ
世代 第5世代
ポケモン学
分類 チンチラポケモン
タイプ ノーマル
高さ 0.4m
重さ 5.8kg
特性 メロメロボディ / テクニシャン
かくれ特性 スキルリンク
テンプレートを表示

チラーミィは、ポケットモンスターシリーズに登場する654種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴

チンチラのような姿をしたポケモン。薄い灰色の体で大きな耳と尻尾を持ち、尻尾で相手の体をなでることによってコミュニケーションをとる習性がある。尻尾の手入れは、欠かさないといわれる。

ゲームでのチラーミィ

ブラック・ホワイト』から登場。野生のものは5番道路と9番道路にのみ出現し、レベルは初めてくるときに相応なものとなっている。出現率は普通。また、アララギ博士の手持ちでもある。ひかりのいしでチラチーノに進化する。これはゲーム内でもヒントとして喋ってくれる。

『ブラック・ホワイト』で追加されたわざ「スイープビンタ」を持っている。これは2 - 5回連続で攻撃するわざであり、後述の特性「テクニシャン」と相性がいい。従来の「おうふくビンタ」とよく似たわざであるが(チラーミィも「おうふくビンタ」を覚える)、このわざのほうがやや威力が高い。

チラーミィの特性のひとつである「テクニシャン」は威力60以下のわざの威力が1.5倍になるというものである。

『ブラック2・ホワイト2』では技教えで覚える技が「ダストシュート」「タネばくだん」「アクアテール」など豊富。また、5番道路などの隠し穴でも出現して、このチラーミィの隠れ特性が「スキルリンク」なので技の「スイープビンタ」や「ロックブラスト」に「タネマシンガン」との相性が良い。「ロックブラスト」や「タネマシンガン」はチラチーノに進化させたときのみ思い出させることが可能。

アニメでのチラーミィ

ベストウイッシュ』のオープニングに登場。本編では第1話の子供たちと一緒に走っている場面で初登場。

第13話に別個体のオスが登場し、サトシのバッジケースを盗む。しかし、そのチラーミィは潔癖症で、汚れたバッジケースをきれいにしてくれた。その後、ベルのモンスターボールが汚れていたため、チラーミィがボールをきれいにする直前で、自分からボールに入ったことでベルのポケモンとなった。防御力は低いため、強力な技を持つ相手に負けることが多い。声優相沢舞

使用技は「くすぐる」・「おうふくビンタ」・「ハイパーボイス」・「メロメロ」・「10まんボルト」 。

第33話ではアイリスの回想シーンに登場。声優は西村ちなみ

映画でのチラーミィ

『黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム』に登場。声優は戸松遥

ポケモンカードでのチラーミィ

ポケモンカードゲームBW「はじめてセットforガール」で初登場。ゲーム同様「とっておき」を使う。

その他におけるチラーミィ

2011年1月、ポケモンセンター東京店において、進化後のチラチーノと共に月替わりショッパーの第40弾に採用された[1]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ ポケモンセンタースタッフボイス 2010年12月28日

関連項目