チータ55号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チータ55号
ジャンル バラエティ番組
放送時間 火曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1968年7月16日 - 1968年12月3日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
出演者 水前寺清子
コント55号
テンプレートを表示

チータ55号』(チータごじゅうごごう)は、1968年7月16日から同年12月3日までTBS系列局(一部を除く)で放送されていたTBS製作のバラエティ番組である。トクホン本舗(鈴木日本堂=現・トクホン)の一社提供。放送時間は毎週火曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

概要[編集]

前番組『進め!ドリフターズ』がいかりや長介のコント中の事故(詳細は進め!ドリフターズ#概要の項を参照)で急遽打ち切りになり、『突撃!ドリフターズ』と題して再開するまでのつなぎ番組として放送。水前寺清子コント55号をレギュラーに起用し、「ハプニング・バラエティ」をキャッチフレーズに掲げていた。

番組は、水前寺がファンからのリクエストに応じて歌を歌い、コント55号が漫才をする「バラエティー」、水前寺が会ってみたいと思う著名人をゲストに招く「チータとゲスト」、コント55号のコント「ハプニング・コント」の3つのコーナーで構成されていた。

番組の終了後、コント55号は『突撃!ドリフターズ』の後番組である『みんなで出よう55号決定版!』でこの枠への復帰を果たした。さらにその後番組である『ぴったし カン・カン』にも1984年5月まで出演していた。

出演者[編集]

備考[編集]

ネット局の朝日放送は当時TBS系列に属していたが、土曜18:00枠での遅れネットを行っていた。当時同局は土曜19:30枠を自社製作ドラマ『部長刑事』の放送に使用しており、代わりに土曜19:30枠の『お笑い頭の体操』をこの火曜19:30枠を使ってネットしていたためである。

参考文献[編集]

TBS 火曜19:30枠
トクホン本舗一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
進め!ドリフターズ
(1968年1月9日 - 1968年7月9日)
チータ55号
(1968年7月16日 - 1968年12月3日)
突撃!ドリフターズ
(1968年12月10日 - 1969年6月3日)