チープ広石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チープ広石
出生名 広石正宏
生誕 (1961-03-19) 1961年3月19日
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 (2014-03-09) 2014年3月9日(52歳没)
ジャンル J-POP
担当楽器 サクソフォーン
アコースティック・ギター
活動期間 1985年 - 2014年
共同作業者 LOOK
グルニオン
JUNCO&CHEEP

チープ広石(チープひろいし、本名:広石 正宏、1961年3月19日 - 2014年3月9日)は日本のミュージシャンサックスプレーヤー)。東京都出身。血液型A型。

略歴[編集]

1985年にLOOKのサックスプレーヤーとして「シャイニンオン・君が哀しい」でデビュー。解散後は、渡辺貞夫ダイアモンド☆ユカイBEGINなどのライブツアー、レコーディングに参加する一方、 自身のバンドを率い都内を中心にライブ活動を展開。2001年には林哲司吉田朋代と共にユニットグルニオンを結成。ソロ作品も2002年に「Birth」、2004年に「You Mean The World」を発売。また、CMやアニメソングの作曲や様々なアーティストのサウンドプロデュースを担当する。

2005年秋より、札幌FMアップルの音楽プログラム『discoverymusic.jP』(ディスカバリーミュージック・ドット・ジェーピー)のナビゲーターとして、多くのインディペンデントアーティストを紹介する番組が放送開始。2008年には、FMサルース(横浜)/FMおかざき(愛知県岡崎)/SENDAI ラジオ3(仙台)/TJS FM(LA, California)へと放送範囲を拡大。同年6月には、エステティックTBCのCMソングとして「OVERLOOK〜旅路の果て〜」が全国でオンエアされていた。この年には本人のドキュメンタリー映画『SAME OLD STORY〜20年目の訪問者〜』が制作され、ニューヨーク国際インディペンデント映画祭で最優秀音楽ドキュメンタリー賞を受賞。翌2009年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭でも上映された[1]

2009年頃から多発性腎臓癌を発症し、闘病しながらJUNCO&CHEEPとして、北海道180市町村をまわるツアーを行っていたが、2014年3月9日、東京都内の病院で死去[2]。52歳没。同年4月13日アディーレ会館ゆうばりにて『チープ広石を送る会』が執り行われた[3]。既婚者で二児の父だった[3]

ディスコグラフィー[編集]

  • ルック・フォー・ノスタルジア(LOOKセルフカバーアルバム)
  • 夢の子供
  • Same Old Story

脚注[編集]

  1. ^ SAME OLD STORY〜20年目の訪問者〜”. ディスカバリーフィルム. 2016年8月10日閲覧。
  2. ^ “元LOOKサックスのチープ広石さん、52歳で死去”. ORICON STYLE. オリコン. (2014年3月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2034986/full/ 2016年8月10日閲覧。 
  3. ^ a b 4月13日(日)「チープ広石を送る会」アディーレ会館ゆうばりにて。”. 北海道歌旅座. DMJ INC. (2014年4月19日). 2016年8月10日閲覧。